【中山金杯回顧】“完璧”ラーグルフが初笑い 5着マテンロウレオは「スムーズに捌けず」

佐藤直文 レース回顧
中山金杯

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

いかにもハンデ戦らしいゴール前で ラーグルフ

 純然たる逃げ馬が不在だったこともあるが、1000m通過は60秒6の落ち着いたペース。掲示板を7番枠以内の馬たちが独占する結果となったのは、けっしてトラックバイアスではなく、外を回って追い上げる形では届かない展開となったためだろう。いかにもハンデ戦らしいゴールシーンだったが、4着までタイム差なしという決着も、僅かな立ち回りの差が勝負を分けた印象が強い。

 ラーグルフは、状態も良かったが、まずは内枠を利して自分で動いて行けるポジションに収まったことが最大の勝因だろう。スローで持って行かれ気味だった馬もいた中でピタリと折り合い、3コーナー過ぎから中団以降の馬が動き出したところでも敢えて仕掛けず、4コーナーで巧く馬群の外へ持ち出して決め手を生かし切った完璧なレース運び。2歳暮れのホープフルSで3着と好走したように、中山2000mもドンピシャの舞台だったと言えよう。

ラーグルフ

大接戦を制したのは最終的に1番人気の支持を受けたラーグルフ

 2着クリノプレミアムは、スタートを決めて好位のインで流れに乗るプラン通りの競馬。4コーナー手前で並走していた勝ち馬には先に抜け出されてしまったものの、最後はハナ差まで追い詰めた勝ちに等しい内容だった。

 3着フェーングロッテンは、マイペースの逃げが打てたことでゴールまで脚を伸ばしていた。最後は目標となった分で、これは仕方ないだろう。

 4着アラタは、プラス24キロの数字ほどパドックでは太く映らなかったが、勝ち馬と同じ位置で運びながらペースが上がったところでモタついたあたり、やはり少し重かったか。

 5着マテンロウレオは、道中はロスなくラチ沿いを走り、4コーナーで馬場の中ほどへ進路を取ったが、そこからスムーズに捌けなかった。理想は2着馬の位置取りで、そういう競馬もここ2戦でできてはいたが、横山和生騎手が父のように上手く御せなかった感も受けた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル