【中山記念回顧】ヒシイグアス「復活劇」の裏で ソーヴァリアントら“凡走組”の敗因は?

佐藤直文 レース回顧
中山記念

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

悲願のビッグタイトルへ 7歳馬ヒシイグアス

 非根幹距離の1800m戦で、ここからマイル路線や中距離路線を目指す馬が揃うのは秋の毎日王冠と同様のパターンだが、更に海外も視野に置いた有力馬もラインナップしての豪華メンバー。ただ、果たして中山1800mが適条件だったか、と問われれば、疑問符が付く馬もいたように思える。

 ヒシイグアスは、昨年の宝塚記念後に生死の境をさまようほどの重度の熱中症に罹った影響で、長期の休養を余儀なくされたが、プラス14キロでも太目感のない好仕上り。道中はリズム重視で運び、勝負どころから馬群の中を手応え十分に進出して、直線では進路を探しながらも身上の鋭い決め手を発揮して鮮やかに抜け出した形だ。松山騎手の冷静な手綱捌きも見事だったが、それだけ手応えに余裕があったからこそでもあり、7歳を迎えても大仕事ができる馬だろう。

ヒシイグアス

5番人気の支持に留まったヒシイグアスだが、末脚鮮やかに8ヶ月ぶりのレースを勝利

 2着ラーグルフは、枠なりに道中から外を回らされる形だったが、ロスはあってもノビノビと走れたことで、持ち前の末脚を生かすことができた。馬体の充実も目立っていただけに、まだまだ上昇が見込める馬だろう。

 3着ドーブネは、1000m通過60秒0のマイペース。直線でも二枚腰を使って渋太く粘り込むことができたのも、展開に恵まれたゆえと言える。

 4着シュネルマイスターは、4コーナーで勝ち馬の直後のポジションだったが、最内の狭いところを衝かざるを得ず、十分に脚を使うことができなかった。ただ、そこまで器用な立ち回りができるタイプでもないだけに、コーナー4回の中山1800mが合わなかったと見ることもできよう。

 5着スタニングローズは、好位でスムーズに流れに乗れていたものの、直線では伸び負け。久々の分もあっただろうが、初の牡馬一線級との戦いだったことを考えれば、悲観する結果ではない。

 ソーヴァリアントは、プラス12キロと、これまでの休み明けよりも太目が残ってしまったのが敗因の一つと考えていいが、それにしてもここまで大きく負ける馬ではなく、再度の立て直しが必要かもしれない。ダノンザキッドは、ゲートで落ち着かず道中も力みながら気性的に難しい面を出しての凡走となったが、これまた中山1800mは使うところを間違えたとも言えそうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。