【フィリーズR】内回りでも絶対に「差し有利」カギは前哨戦ゆえの展開利にあり

重賞データ攻略
フィリーズレビュー

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年のフィリーズRの傾向分析~

 フィリーズレビューは1~3着馬に桜花賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。過去10年の勝ち馬11頭(※同着含む)は全て関西馬と西高東低の傾向が極めて強い。ここでは、過去10年で馬券に絡んだ30頭の共通点を踏まえて、今年の好走馬を探ってみたい。

◇過去10年1~3着に好走した30頭の共通点
関西馬(30頭中28頭)
前走芝1400~1600mに出走(30頭中28頭)
右回りコースで1着歴あり(30頭中28頭)
前走馬体重が420キロ以上(30頭中26頭)
上がり最速で1着歴あり(30頭中21頭)
前走GI以外なら5着以内(20頭中20頭)

 上記項目を全てクリアするのは、シングザットソング・ブトンドールの2頭。内回り1400mが舞台となるが前哨戦ゆえにペースが速くなりやすく、決め手が馬券に直結する傾向が強い。過去10年で4角10番手以降からメンバー最速の上がりを使った馬は〔6.2.1.2〕と好成績を挙げている。シングザットソングは、3戦全て上がり最速と末脚堅実タイプ。ブトンドールも同舞台のファンタジーSでは、他馬よりコンマ5秒も速い上がりで猛追。決め手の鋭いこの2頭なら、ここでも狙い目は十分。(優馬データ班)

シングザットソング

末脚堅実なシングザットソングがまとめて差し切るか!?

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。