【金鯱賞回顧】“試練”乗り越えたプログノーシス 「勝てる」というジョッキーの自信

佐藤直文 レース回顧
金鯱賞

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

大舞台でも期待膨らむ プログノーシス

 大阪杯の前哨戦として近年は好メンバーが集まる金鯱賞だが、今年は少し小粒かと思えるラインナップ。ただ、マイペースで逃げた馬が2着に粘りこむ展開の中で、後方から直線一気の脚で捉え切った勝ち馬は、本番でも期待を抱かせる走りだったように思う。

 そのプログノーシス。開幕週の内有利の馬場での大外枠は、ひとつの試練でもあったと思うが、スタートをゆっくりと出て枠なりに外々を回る形の競馬でも、力を出し切れば勝てるという川田騎手の自信も感じられた騎乗ぶりで、着差以上の強さをアピールした形だ。キャリア1戦で臨んだ3歳春の毎日杯で、シャフリヤールの3着と能力は示していた馬であり、取りこぼした昨秋の2戦が万全の体調ではなかったことも、明らかになったと言える。目下の体調をキープすることが前提とはなるが、この先が楽しみになる重賞初制覇だった。

プログノーシス

前走苦杯をなめた中京コースでしっかりとリベンジを果たしたプログノーシス

 2着フェーングロッテンは、前走の中山金杯同様にハナを切って自分の競馬ができた。3着以下にはセーフティリードを保っていたことを考えても、今日のところは相手が悪かっただけだろう。

 3着アラタは、立て直して太目だった馬体も絞れたことでの巻き返しだったが、ペースが落ち着くことを見越して、いつもより前目で立ち回った鞍上の好判断も光った。

 4着ハヤヤッコは、パドックでかなりデキが良く映っていたが、良馬場でここまでやれたのは今後に繋がる走りだったように思う。

 5着ディープモンスターは、3着馬の後ろのポジションで直線ではなかなか進路が見つからず、少しもったいない競馬。今日のところはけっして力負けではない。

 ヤマニンサルバムは、道中で力んでいたとはいえ、今日の流れで伸び切れなかったのは、ちょっと案外な内容。マリアエレーナは、これまた力を出し切れたとは言い難いレースだったが、牡馬相手のGII戦で少し人気になり過ぎた嫌いはあったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。