【ヴィクトリアマイル】「10年以上勝利なし」ソダシが越えなければいけない“呪縛”とは!?

重賞データ攻略
ヴィクトリアマイル

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年のヴィクトリアマイルの傾向分析~

 近3年の勝ち馬は全てG1で2勝以上を挙げ、牡馬混合G1でも3着以内歴のある実績馬だった。近年は牡馬とも互角以上に渡り合える女傑が、更なる勝ち星を積み上げる一戦となっている。

◇近3年の勝ち馬とG1勝利数
・2020年 アーモンドアイ6勝
・2021年 グランアレグリア4勝
・2022年 ソダシ2勝

 今年の該当馬はソダシ・スターズオンアースの2頭。前者は過去10年で〔2.1.1.1〕の前年覇者。後者はG1で2勝以上を挙げる4歳馬が〔1.2.0.1〕というデータに合致。ともに外せない2頭だ。ただし、人気別成績では1番人気が〔3.2.0.5〕なのに対して、2番人気は〔0.0.1.9〕。この傾向からはソダシが人気的に割を食う形となりそう。さらに、過去17回の当レースで大外枠から勝利した馬はおらず、過去に連覇した2頭はいずれも前年と同騎手によるものだった。今回のソダシはあらゆるマイナス要素を跳ね除けられるかに注目が集まりそうだ。

スターズオンアース

スターズオンアースが東京マイルでGI3勝目を狙う

 そして過去10年を振り返ると、10回中7回は6番人気以下の穴馬が連対。馬連の平均配当も1万円を超える波乱含みの一戦。ここでは穴狙いが面白そうだ。そこで穴をあけた8頭に注目してみたい。

◇6番人気以下で連対した8頭
・前走芝1400~1800m(8頭中8頭)
・前走から中7週以内(8頭中7頭)
・マイル重賞で3着以内歴あり(8頭中7頭)
・関東所属騎手とのコンビ(8頭中6頭)

今年はアンドヴァラナウト・クリノプレミアム・サブライムアンセムの3頭が全ての条件をクリアする。

アンドヴァラナウト

アンドヴァラナウトが吉田隼騎手を背に大駆け狙う

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。