【札幌記念回顧】武豊ジャックドールらの“敗因”を、超越したプログノーシス「秋GI獲れる」

佐藤直文 レース回顧
札幌記念

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

北の大地で強豪たちを一蹴 プログノーシスが秋のGI獲りへ

 稍重発表ながら水分の含んだ洋芝は時計面を考えてもかなり重く、道悪適性が問われる一戦となった。ただ、例年以上のハイレベルなメンバーを相手に、勝ち馬が2着以下に付けた圧倒的な差は、馬場の巧拙だけで片付けるわけにはいかないだろう。

 そのプログノーシス。スタートは無難に出ながらも、いつも通りに後方からの競馬となったが、各馬が馬場の悪い内を開けて追走した中で内目を通ってポジションを上げる形。3~4コーナーで馬群の外へ持ち出し、直線残り1ハロンで先頭に立つと全く後続を寄せ付けない完勝だった。このレースまで騎乗機会5戦5勝だった川田騎手が、これまで同様に能力を最大限に引き出したと言えるが、今日のメンバーレベルを考えても秋は間違いなくこのコンビでビッグタイトルを手中にできるはずだ。

 2着トップナイフも、勝負どころからポッカリと開いたインを通ってスルスルと進出。十分な成長を示すレースぶりで3着に3馬身もの差を付けたのだから、今日のところは相手が悪かったと言うべきだろう。

 3着ソーヴァリアントは、勝ち馬をマークする形でスムーズに運べたが、オルフェーヴル産駒らしく今日のような馬場も上手だった。

 4着ダノンベルーガは、小回りコースも今日のような馬場もけっして合っているとは言えないが、地力でここまで来た形。ハーツクライ産駒らしく3歳時よりもパフォーマンスの質を上げて臨む秋の大舞台が楽しみになる。

 5着ヒシイグアスは、上位勢とは違って外を回って追い上げる形で差を詰めたもの。7歳馬とはいえまだ力に衰えはない。

 ジャックドールは、好位から運んだが勝負どころでの反応が一息だったのは馬場のせいだったか。前述したように昨年より相手も揃っていたことを考えても、仕方のない結果だろう。シャフリヤールは、レース後に喉の疾患が判明したとのことだが、たとえ万全の状態だったとしても、今日の馬場と距離では出番がなかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。