黄金枠を引いた“最も幸運な馬”に◎ 日本ダービー・データ予想

重賞データ攻略
日本ダービー

きさらぎ賞 6人気3着クールミラボー◎で的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

相手本線も皐月賞組から

 過去10年で前走・皐月賞組は〔7.5.5.62〕という成績で、まずはこの組の取捨がポイントとなる。皐月賞組の着順・人気について見ていくと、

皐月賞組の着順別成績(過去10年)
1着〔3.1.1.4〕
2着〔0.1.1.8〕
3着〔2.0.0.6〕
4着〔1.1.1.5〕
5着〔0.0.0.4〕
6~9着〔0.1.1.11〕
10着以下〔1.1.1.24〕

皐月賞組の人気別成績(過去10年)
1番人気〔1.0.3.6〕
2番人気〔0.4.0.5〕
3番人気〔2.0.1.6〕
4番人気〔2.1.0.4〕
5番人気〔0.0.0.4〕
6~9番人気〔1.0.0.13〕
10番人気以下〔1.0.1.24〕

 皐月賞で6着以下に敗れていた馬について詳しく見てみると、

2008年 12番人気2着 スマイルジャック(皐月賞4番人気9着)
2009年 2番人気1着 ロジユニヴァース(皐月賞1番人気14着)
2009年 5番人気2着 リーチザクラウン(皐月賞2番人気13着)
2011年 8番人気3着 ベルシャザール(皐月賞3番人気11着)
2015年 3番人気3着 サトノクラウン(皐月賞1番人気6着)

 皐月賞で上位人気に推されていれば大きく負けていても巻き返しは可能というデータ。皐月賞2番人気5着というリオンディーズがどちらかというと、これに当てはまるか。逆に、皐月賞で人気薄だった馬について見てみると、

2006年 1番人気1着 メイショウサムソン(皐月賞6番人気1着)
2006年 7番人気3着 ドリームパスポート(皐月賞10番人気2着)
2010年 7番人気1着 エイシンフラッシュ(皐月賞11番人気3着)

 皐月賞で人気薄だった場合は好走が条件となる。今年で言うとディーマジェスティがこのパターンであるが、他に皐月賞で人気薄の好走馬はいない。となると、素直に上位のマカヒキサトノダイヤモンド、それにエアスピネルも拾っておく必要がある。

別路線組で買えるのは?

皐月賞組以外の成績は以下の通り。

前走別成績(過去10年)
京都新聞杯〔1.1.1.20〕
NHKマイルC〔1.1.1.26〕
桜花賞〔1.0.0.1〕
青葉賞〔0.3.2.20〕
プリンシパルS〔0.0.1.12〕

 まずは京都新聞杯組について。1着馬が〔1.1.1.6〕だから、狙うのは勝ち馬だけ。本番での人気が重要で、馬券に絡んだ3頭は1、5、7番人気。馬券圏外に沈んだ6頭は7番人気以下。スマートオーディンはおそらく5番人気前後だからマークが必要だろう。

 次に青葉賞組。基本的には勝ち馬、だったのだが、2~3年前にマイネルフロスト(青葉賞6着)、アポロソニック(青葉賞2着)が馬券対象に。視点を変えてみると、過去10年の1~3着馬30頭中27頭は重賞勝ち馬。3着馬に例外が3頭いるのみ。はまた、キャリア5~8戦の馬が〔8.8.9.108〕であるから、狙うなら青葉賞1着のヴァンキッシュランだ。

 最後に、NHKマイルC2着のロードクエストをどうするかだ。皐月賞→NHKマイルCという臨戦過程で好走した2頭は皐月賞でともに勝ち馬から0.5秒差。ロードクエストは1.2秒差の8着。今回は見送りたい。

結論

◎ディーマジェスティ
△リオンディーズ
△マカヒキ
△サトノダイヤモンド
△エアスピネル
△スマートオーディン
△ヴァンキッシュラン

きさらぎ賞 6人気3着クールミラボー◎で的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

きさらぎ賞 6人気3着クールミラボー◎で的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル