【ジャパンC回顧】イクイノックスに感服 パンサラッサ「とてつもないペース」が生んだ“世界一の戦い”

佐藤直文 レース回顧
ジャパンカップ

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

杞憂に過ぎなかった中3週 これぞスーパーホースだイクイノックス

 急遽の参戦となったパンサラッサが注文通りにハナを切り、1000m通過は57秒6の玉砕的な大逃げ。残り2ハロン、2000m通過で1分57秒7。2着に逃げ粘った昨年の天皇賞・秋の走破タイムが1分57秒6だったことを考えると、とてつもないペースだったことがわかるだろう。

 イクイノックスは、ハミを噛んで少し行きたがる面を見せたが、離れた3番手であってもこれだけのペースではスムーズに折り合うことができた。残り1ハロン手前でパンサラッサを捉えると、あとは独壇場。このGI6連勝でも2着に最大着差となる4馬身の差を付けて、ノーステッキでのゴールだった。驚愕レコードから中3週での反動も危惧されたが、完璧に仕上げてみせた陣営にも感服させられた一戦だった。

イクイノックス

三冠牝馬相手でも“世界No.1”の実力をまざまざと見せつけたイクイノックス

 2着リバティアイランドは、勝ち馬を前に見るポジションでの正攻法。完敗と言わざるをえない着差を付けられたとはいえ、胸を張れるナンバー2の素晴らしい走りであった。

 3着スターズオンアースは、半年ぶりながら歳下の三冠牝馬に引けを取らない走り。厳しかった外枠も克服してみせた鞍上の好騎乗でもあった。

 4着ドウデュースは、少し持って行かれ気味だったが、鞍上も2度目の騎乗でよく我慢させていた。現状での力は出し切れたかもしれない。

 5着タイトルホルダーは、離れた2番手でも実質は逃げているのと同じ形。勝ち馬にピタリとマークされたとはいえ、これまた力は出し切れたように思う。

 ダノンベルーガは、結果的に道中2番手から5、6番手の馬が掲示板を占める競馬となった中、それより後ろのポジションでは厳しかったとも言えるが、やや精彩の欠く走りで、中3週の疲れが抜けなかったのは勝ち馬よりもこちらの方だったか

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。