亡き母に捧げる会心の勝利! “世界的良血馬”ドリーミーデイが初陣を飾る【2歳馬チェック】

優馬2歳馬チェック

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

初陣を飾った世界的良血馬 ドリーミーデイ

12/9 (土) 中山5R 2歳新馬 芝1600m
ドリーミーデイ 牝 馬体重:470kg
★★★★★★ 6点
騎手:田辺裕信  厩舎:(美浦)久保田貴士
生産:社台ファーム
馬主:(有)社台RH
父:ルアーヴル
母:デインドリーム(Lomitas)

 スタートを決めて楽に主導権を握ると、2番手の馬にピッタリとマークされながらも落ち着いた流れに持ち込んだ。直線を向いても全く脚色は衰えず、ラスト1ハロンから鞍上のムチが2発入ると一気に後続を突き放して2馬身差の快勝。“馬を苦しめずに勝つことができた”という田辺騎手の言葉通り、余裕十分の逃げ切りで、1分35秒4の時計以上に能力を感じさせる内容だった。

ドリーミーデイ

全く危な気なく逃げ切ったドリーミーデイ

・馬体診断
 まだ成長段階とも言える470キロの馬体だが、まさしくモノが違った印象。今日のところはスピードを生かしての逃げ切りだったが、古馬を追走して先着した最終追いの動きから、控える競馬でも瞬発力を十分に発揮できそうだ。そのためにも、もうワンランクのパワーアップが望まれるが、現時点でも世代の重賞で通用するレベルだろう。

・血統診断
 父は仏ダービー馬ルアーヴルで、国内ではフィリーズレビュー勝ちのプールヴィルを輩出。母は2011年の凱旋門賞などGIを5勝した世界的名牝。父母の戦績を考えても、距離はもっと延びていいタイプであり、成長力にも富んでいそうだ。母は今年8月に15歳の若さでこの世を去ったが、その母の血を後世に長く伝えるだけの活躍が期待される。

【将来性まとめ】→ マイペースに持ち込めたとはいえ、勝負どころからピッチを上げて直線でも目一杯追われずに後続を突き放したあたり、逃げ以外の戦法にも対応できそう。欧州の重厚な血脈でもあり、時計のかかる馬場や長い距離でも期待でき、当然ながらオークスも意識できる逸材だろう。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。