鮮やかな“ミルコ・マジック”炸裂で、スマートオリオンがマイル重賞を制覇

佐藤直文 レース回顧
函館2歳S中京記念

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

とにかく強かった ブランボヌール 【函館2歳ステークス】

 函館2歳Sは、ペースが速かったこともあったが、雨の影響が残る馬場で1分10秒6という決着タイムはかなり優秀だ。勝ち馬がその後“鳴かず飛ばず”というパターンの多いレースだが、この時計で駆けることができたのなら、久々に大物が出現したと見ていい。

 そのブランボヌールだが、序盤は中団後ろで自分のペースを守り、勝負どころから距離ロスを覚悟で外を回る競馬で、とにかく強かった。ディープインパクト産駒なら、本来は軽い馬場の方が向くはずであるし、1200mでどうこうという馬でもなさそう。今後の成長が鍵となるが、クラシックを意識できる逸材であろう。

 勝ち馬には及ばなかったが、2着メジャータイフーンもなかなかの末脚を披露した。こちらももっと距離が延びていい馬だろう。

 3着ヒルダは、時計こそ平凡だった新馬戦から勝ち上がりが続々と出ていただけに注目していたが、やはりレースレベルが高かったことを実証する好走。2着馬ともどもこの世代で活躍の目立つダイワメジャー産駒であり、前の組で唯一掲示板を確保したという点でも評価していい。

忘れずに買おう 次走の注目馬

 まず1頭目は、福島日曜5R、7着カマクラ。序盤は付いて行けず、道中も遊びながら走っていたが、終いはよく伸びていた。新潟外回りコースになれば、チャンスはありそうだ。

 2頭目は、福島土曜5R、5着エミノアユマク。スムーズな競馬ができず、これまた小回り福島向きではない。新潟1600mあたりで一変しそうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。