皐月賞馬ロゴタイプが連敗ストップ? GI馬の復活にデータが太鼓判

重賞データ攻略
オールカマー神戸新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

神戸新聞杯

 先週のセントライト記念では、ダービー2着のサトノラーゼンやベルーフ、キタサンブラックといった有力馬が東上。そういうこともあってか、神戸新聞杯はやや手薄なメンバー構成になった。というよりも、むしろ「ここで権利を」という素質馬達が集まったか。今年のメンバーでダービー組は皐月賞2着、ダービー4着のリアルスティールの他にタガノエスプレッソのみ。これは神戸新聞杯が阪神芝2400mに替わってから最も少ないことになる。

過去10年 神戸新聞杯1着馬の条件

  • 前走でダービーに出走(10頭中9頭)
  • ダービーで5番人気以内(10頭中8頭)
  • ダービーで5着以内(10頭中9頭)
  • 前々走が皐月賞(10頭中8頭)
  • 重賞勝ち、GI連対の実績(10頭中9頭)

 2009年の1着馬イコピコを除けば、ほぼ全ての勝ち馬が上記の条件を満たしている。今年はリアルスティールのみがこの条件をクリア。鞍上の福永Jも今年の阪神芝2400mで〔2.2.2.1〕と抜群の成績である。骨折明けは気になるが、データの面からは1着固定で勝負してもいいだろう。一方、取り扱いが難しいのがダービーで13着だったタガノエスプレッソ。そこで神戸新聞杯におけるダービー6着以下からの巻き返し組について以下にまとめてみた。

  • 2005年 3着 ローゼンクロイツ
    →ダービー8着、毎日杯1着(阪神芝2000m)
  • 2007年 3着 ヴィクトリー
    →ダービー9着、皐月賞1着(中山芝2000m)
  • 2010年 3着 セイウンワンダー
    →ダービー13着、皐月賞3着(中山芝2000m)
  • 2014年 2着 サウンズオブアース
    →ダービー11着、京都新聞杯2着(京都芝2200m)

 過去の例をまとめると、2000m以上の重賞で3着以内があれば巻き返せる、という判断が可能。タガノエスプレッソは中山芝2000mの弥生賞で3着。連下混戦のメンバー構成で、2歳時に重賞勝ちの実績がある割りに配当妙味は十分ありそう。相手はココが本線。

 その他の路線では、前走で古馬1000万クラスを走って連対していた馬が2着1回3着4回。紐にはティルナノーグバイガエシを。

結論

リアルスティール
タガノエスプレッソ
ティルナノーグ
バイガエシ

リアルスティール

ここでは負けられないリアルスティールをデータも後押し(撮影:下野雄規)

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

有馬記念特集

2020年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル