中山での逃げで本領発揮コントラチェック 東京競馬場のGIでは…

佐藤直文 レース回顧
ターコイズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鞍上のエスコートも冴えた コントラチェック

 前半3ハロンが33秒9での単騎逃げ。後続にとっては前が速く映ったかもしれないが、今の高速馬場を考えればそこまでのペースではなく、離して逃げたことにより十分に息を入れることができた逃げ馬にとっては、かなり楽な展開となった。

 そのコントラチェック。中山巧者であるのはもちろんのこと、これまで逃げた時は3戦3勝で、控えても持ち味が生きない、という馬の特性を最大限に生かしたルメール騎手の手綱捌きが光った。そして、オークスと秋華賞の惨敗を距離と考えれば、マイル路線での大きな飛躍も期待できる勝ちっぷりだったように思う。当然、来春はヴィクトリアマイルあたりが大目標となるのだろうが、東京でも自分の競馬ができさえずればチャンスはあるはずだ。

コントラチェック

勝ったコントラチェックをはじめ3歳馬が4着まで独占(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着エスポワールは、出して行って好位で折り合いが付き、道中でモマれながらも最後までしっかりと脚を使えていた。秋華賞こそ結果を出せなかったが、経験を積んでまだまだ良くなりそうな馬。今後も期待したい。

 3着シゲルピンクダイヤは、ある程度出して行って早目に追い上げる形では、最後に伸びを欠いてしまったのも仕方はない。ただ、終いを生かす自分の競馬に徹していたとしても今日の流れでは厳しかったろう。いずれにせよ、もう少しキャリアを積む必要がある。

 4着フィリアプーラは、外枠から控えて後方の内をロスなく運び、直線で徐々に外へ持ち出す形。最速の上がりでよく差を詰めており、この舞台で重賞勝ちの力は示したか。

 トロワゼトワルは、大外枠もあってかハナを主張しなかったが、少し持って行かれ気味での2番手追走。勝負どころからは自分のペースで前を追い上げて行ったが、直線ではバッタリ止まってしまった。やはり、ハナへ行ってこその馬かもしれないが、前走この舞台で勝っているとはいえ1400mくらいがベストなのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル