2着カレンブーケドールの理想は「勝ち馬のレース運び」だったはず

佐藤直文 レース回顧
京都記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

年長の牡馬と同期のライバルを完封 クロノジェネシス

 悪化した馬場を考えれば前半1000mが61秒1というのはハイラップであったが、これは離して逃げた馬だけに言えることで、2番手以降の馬たちにとっては平均以下の流れだったか。瞬発力を削がれる馬場でもあり、4コーナーである程度のポジションにいないとノーチャンスの展開だった。

 クロノジェネシスは、離れた馬群で先頭を切っていた3着馬を見る形の絶好と言えるポジションで、直線半ばでこれを交わすと、最後に2着馬が迫ってくるともうひと伸びしたように、余裕の手応えでの完勝だった。プラス12キロは若干余裕残しの馬体ではあったが、今日のようなタフな馬場も全く苦にすることはなく、GI馬としての貫禄を示す勝利であった。

クロノジェネシス

昨年の秋華賞馬クロノジェネシスが2馬身半差で完勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着カレンブーケドールは、鞍上にもさほど行く気がなかったのかもしれないが、テンにスッと行けなかったあたりは、叩き良化型でまだ本調子ではなかったためだろう。3~4コーナーで外目を回って追い上げて、最後には2着に浮上して地力は示したが、理想は勝ち馬のレース運びだったはずだ。

 3着ステイフーリッシュは、自分の競馬はできていて、勝負どころから勝ちに動いての結果だけに、目標とされての3着も仕方ないと言えるが、上位2頭は牝馬とはいえGIで勝ち負けするレベルの馬であり、素直に相手が一枚上だったと見るべきだろう。

 4着ノーブルマーズは、時計のかかる馬場を味方に付けて、上手く立ち回って見せたが、これまた最後は力の差が出てしまったか。

 5着アルメリアブルームは、これが引退レース。今日のような馬場も苦にせず、直線でも内目からよく差を詰めていたが、ここまでが精一杯だった。

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル