鮫島駿の好プレーでカデナ 9着ヴェロックスは「元値が違うはず」だったが

佐藤直文 レース回顧
小倉大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

鮮やか差し切り3年ぶりの美酒 カデナ

 1000m通過60秒3のラップは、開催6週目の荒れた馬場を考えれば適度な流れ。脚があればどんな位置からでも、と言える競馬だった。

 カデナは、いつも通りの後方からジックリと構える形だったが、道中は枠なりにインをロスなく運んで、4コーナーで巧く外へ持ち出す鞍上・鮫島克駿Jの好プレーが光った。11着と敗れた前走の中山金杯でも上がり3ハロンはメンバー最速だったように、ラストは確実にいい脚を使える馬であり、一見不利に思える小回りの小倉でも、持ち味を最大限に引き出す好騎乗であった。

 2着ドゥオーモは、この小倉だけで3走目、しかも連闘での格上挑戦と、買いの材料は乏しかったが、52キロの軽ハンデを利したとはいえ、目下の状態がよほどいいのだろう。時計のかかる馬場も良かったと言える。

 3着ジナンボーは、正攻法の競馬で今日の流れを考えても負けて強しと言える内容。馬体は20キロ増えていたが、早目に小倉に滞在しての調整だっただけに、これくらいが丁度いいのかもしれない。

 4着レイホーロマンスは、51キロの軽ハンデもあったが、7歳牝馬として今回もまた頭が下がる走りだった。

 5着アウトライアーズは、4コーナーで前にいた勝ち馬には一気に離されたが、ジリジリと脚を使っていた。今日のような競馬を続けていれば、どこかでチャンスもありそうだ。

 ヴェロックスは、これまでの走りを振り返ってみても、時計のかかる馬場やモマれる競馬がそうマイナスになるとは思えず、何よりたとえそのあたりがマイナスになったとしても元値が違うはず。今日のところは全く別のところに敗因がありそうだ。

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬の予想家がガチの買い目を伝授

優馬プレミアム

事前登録者にはもれなく1000円分のポイントプレゼント

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル