“強い関東馬”の中に激穴を発見! チャンピオンズCデータ攻略

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】
コパノリッキーVSホッコータルマエに強力3歳馬ノンコノユメの末脚が襲い掛かる! 名物重賞ステイヤーズSと金鯱賞もデータで徹底解剖!

重賞データ攻略
チャンピオンズカップ金鯱賞ステイヤーズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンピオンズカップ

 昨年からチャンピオンズカップと名称が変更され、舞台も中京の1800mへと変更された。それゆえデータらしいデータも蓄積されていないが、JCD時代からの最低条件として挙げたいのが「前走4着以内」という点。よほどのことがない限り、これ以上の敗退からの巻き返しは難しいようで、例外は過去10年で1~2着に1頭ずつである。

 そして今回着目したのが「世代間レベル」と「東西間レベル」。ダート1600m以上の古馬OP・重賞をもとに検証したのが以下の結果。

世代別成績

2013年
現5歳世代(3歳)〔2.2.1.10〕
現6歳世代(4歳)〔6.2.4.42〕
現7歳世代(5歳)〔6.4.8.53〕

2014年
現4歳世代(3歳)〔0.4.2.6〕
現5歳世代(4歳)〔10.6.5.47〕
現6歳世代(5歳)〔9.9 .8.77〕
現7歳世代(6歳)〔5.3.7.66〕

2015年
現3歳世代〔2.1.2.3〕
現4歳世代〔5.4.2.37〕
現5歳世代〔12.9.8.52〕
現6歳世代〔3.4.6.79〕
現7歳世代〔1.3.4.51〕

東西別成績

2013年
関東馬〔2.1.6.82〕
関西馬〔22.23.18.208〕

2014年
関東馬〔3.5.4.75〕
関西馬〔22.20.21.210〕

2015年
関東馬〔8.8.8.73〕
関西馬〔16.16.16.177〕

 今年に入って特に顕著なのが現5歳世代の活躍。3歳時から活躍していたことはしていたのだが、4歳になって勝利数でトップになり、5歳の今年は他の世代を大きくリード。現ダート路線の中心はこの世代であるといっていいだろう。

 また、今年は3歳馬が豊作。今年はあと1ヵ月間、開催を残しているが、現5歳世代の3歳時を上回るような成績を示している。

 一方、「西高東低」が言われて久しいダート界だが、今年の関東馬は一味違う。1~3着馬の数では及ばないが、今年は大幅に成績を上げ、勝率・連対率・複勝率すべてで関西馬を上回っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル