厩舎番VSデータ派で意見が真っ二つ!? 京成杯座談会

優馬TM座談会
京成杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝つのはキャリア3戦馬? 京成杯

デスク「まずは京成杯だが、昔から大物が出てこない重賞で、勝ち馬がダービーを制した例は、クライムカイザーとエイシンフラッシュしかないし、皐月賞に至っては同じ舞台にもかかわらず、勝ち馬が出ていないんだよな」

武井「その歴史は、予想を組み立てる上でも重視すべき点ですよね。大物感を漂わせる素質馬よりも、現時点での完成度の高さ。別に“大物ではない”と言うわけではないんですが、マイネルラフレシアを◎としました。アイビーS勝ちに東スポ杯3着は、ともにハイレベルと断言こそできないものの、今回のメンバーでは力上位と言える実績です。そして何より、自在性が大きな武器。どんな展開になっても、力は出せそうですね」

大江原「東スポ杯は押し出される形となったけど、本来は好位で脚を溜めて速い上がりを使える馬。今の中山の馬場は合いそうだし、血統的には距離延長も好材料だろ。短期放牧を経て、馬体にも成長が窺えるぞ」

小野智「柴田大知騎手に直撃したら“中間の調教が凄くイイです。中山2000mも全く問題ないですし、勝たないとマズイくらい力のある馬です”って言ってました」

守屋「デスクはクラシックに直結しないと思っているようですが、僕は同じ大知騎手から“体が増えてくれば大きいところも狙える”と、前走後に聞いているんですよ。実際にデビューから少しずつ馬体が増えていますが、今回も成長した姿をパドックで見せてくれたら、大きく張りたいですね」

佐藤直「まあ、クラシックがどうこうというのは、時期的な問題でそこまでの大物が使ってこないせいもあるんだよな。だったら、未勝利を勝ったばかりのウムブルフで足りると思うぞ。前走は、ラスト2ハロンが11秒2-11秒5という流れを差し切っての4馬身差だから、走破時計以上に評価できるもの。同じ日の葉牡丹賞とのコンマ3秒差なんか、ラク~に逆転しちゃいますよ。あと、昨年の1~3着馬が全て“キャリア3戦”だった、というプチデータも紹介しとこうか」

伊利「データ、と言えば僕の出番ですが、堀厩舎は冬開催の中山芝2000mにおいて、52頭の出走で10勝、16連対。勝率19.2%、連対率30.8%という数字もさることながら、単勝回収率は157%という高さです。重賞のココも間違いなく勝負になりますね」

デスク「でも、堀厩舎番のコジが印を“注”にとどめている点は気になるんだよな。伊利は、コジが◎を打たなかった堀厩舎の馬の勝率や連対率を、いつか調べてみてくれよ。結構来てると思うんだが…」

小島「ちょ、ちょっと、変なこと言わないでくださいよ。今回は他にも担当厩舎の有力馬がいますし、そこまで印を上げられなかっただけなんですから…。まぁ、ウムブルフの能力の高さに疑いの余地はないんですが、鮮やかだった前走は“ムーア騎手だったから”という感も否めませんよね。もちろん厩舎の期待も大きい馬ですが、折り合い面も含めてこれからの馬かもしれませんし、必要以上に人気になるのなら、ってとこですかね」

デスク「ほうら、やっぱり気がないんじゃないか…。伊利、頼んだぞ」

伊利「そ、そこまで暇ではないんですけど…」

久光「“キャリア3戦”と言えば、僕の◎メートルダールもそうですよね。上がりの速い決着を差し切ったという点では、この馬も、前走はラスト11秒6-11秒6の流れを4角でほぼ最後方の大外から、レースの上がりを1.3秒も上回る脚を使っているんです。狭いところを割って突き抜けた未勝利勝ちも秀逸な内容で、現時点での完成度も一枚上だと思いますが」

小島「2戦目まではソラを使うところもありましたが、前走は最後まで集中して走っていましたし、精神面での成長が見られましたね。陣営は中山コースにも不安を感じていたとのことですが、それもクリアできてホッとしたようです。ただ、“良くなるのはもう少し先”と見ているのも確かで、今回は結果よりも内容を重視したいという印象を受けるんですよね…」

デスク「なんか、この馬も買いたくなってきたな」

メートルダール

同じ中山芝2000mの葉牡丹賞を勝っているメートルダール(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル