連対条件オールクリアは1頭だけ 根岸Sデータ解析

重賞データ攻略
根岸S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェブラリーSの前哨戦として行われる根岸S。今年は30回目の節目に加え、「根岸競馬場開設150周年」の副題も付いている。果たしてフェブラリーSでも好走するような馬は現れるのだろうか?

連対馬の条件(過去5年)

  • 近5走以内で1着がある(連対馬全頭がクリア)
  • 前走5着以内(10頭中9頭がクリア、例外の1頭は6着)
  • 前走の着差が0秒5差以内(連対馬全頭がクリア)
  • 古馬OP、もしくは重賞勝ちの実績あり(10頭中9頭がクリア)
  • 4歳~7歳の範囲内(8歳以上は5年間で3着3回だが、連対馬はゼロ)

 以上の条件をすべてクリアしたのは以外にもタガノトネール1頭だけ。ならば迷わずに◎を打つべきだろう。

 8歳馬のタールタンレーザーバレット、10歳馬のマルカフリートの3頭は年齢以外の項目はクリア。高齢馬でも3着には来ているこのレースの傾向を考えると、3着候補には入れてみたい。(アドマイヤサガスも年齢以外の条件は満たしているが、後述のカペラS組の条件を満たしていない)

タガノトネール

データ班の評価はタガノトネールが断然(奥、撮影:日刊ゲンダイ)

根岸Sの傾向(過去5年)

  • 1~3着馬は全て関西馬(関東馬の出走自体が10頭と少ない)
  • 前走1200m〔1.1.1.29〕→カペラS組〔1.1.1.12〕※カペラS3着以内が条件
  • 前走1400m〔2.3.1.23〕→OP特別なら3着以内が条件
  • 前走1600m〔2.0.1.4〕→武蔵野S組〔2.0.1.2〕
  • 差し・追い込み優勢→連対馬の4角平均通過順は7番手
  • 連対馬の10頭中8頭は5番人気以内
  • 3着馬に関しては人気の平均が9番人気と荒れ気味

 以上の条件から考えると、

サクラエール→前走で1400mのOP2着、差し・追い込み系、関西馬
モーニン→前走・武蔵野S3着、恐らく1~2番人気、関西馬

 上記の2頭はまだOPクラスでの勝利経験はないものの、それぞれOP昇級後も2~3着を確保し、伸びシロのある走りを見せている。特にサクラエールはこのレース向きの鋭い決め手を持っている点が魅力。

 

結論

タガノトネール
サクラエール
モーニン

3着候補
タールタン
レーザーバレット
マルカフリート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル