クロフネに迫る好時計勝ち 新怪物モーニンが誕生

佐藤直文 レース回顧
フェブラリーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思った以上の成長で モーニン

 午前中のダート1600mで行われた未勝利戦で、1分35秒7という直後の芝の同距離を3秒以上も上回る破格の時計が出た。そこから馬場が乾いたとはいえ、1分34秒0という馬場改修後のコースレコード決着も当然と言えたが、改修前の武蔵野SでマークされたクロフネのJRAレコードは、良馬場で1分33秒3。改めて、クロフネの偉大さを思い知らされる結果であった。

 ダート界に世代交代を告げる4歳馬のワンツー決着となったわけだが、勝ったモーニンは脱帽モノの強さであった。根岸Sを勝った時に、このレース回顧で“本番はちょっと待って”と書いたが、あくまでも東京1400mのスピード勝負に特化した馬、との疑いがあったためである。実際に、これまで唯一の敗戦であった武蔵野Sと同じ舞台で、果たして根岸Sのような立ち回りができるのか、ということだ。加えて、武蔵野S時と同様に中2週での再輸送。“あとは、それらを超越する化け物であるか否か”とも書いたが、その答えを示す走りであった。今回は、その武蔵野S時ほど馬体も減っておらず、何より思った以上の成長ぶり。先団を見る形で運べる枠も良かったが、確実に後方からやってくるライバルを意識しながらも、自分の競馬に徹したミルコの手綱捌きも、さすがと言えるものだった。デビューから1年にも満たず、キャリアもまだ7戦。今後、更なる進化を遂げて、クロフネの数字にどれだけ迫ることができるかに注目したい。

モーニン

1分34秒0のレコードでモーニンがGI初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 ノンコノユメは、好スタートを切りながらも、芝の部分でダッシュが付かないのはいつものこと。ただ、いつもの後方待機ではなく、速い馬場も意識して少し仕掛けながらの追走だった。いくらコース巧者とはいえ、GIの舞台で、しかも人気を背負っていては当然だったかもしれないが、この馬の数少ないウィークポイントである、追われて反応するまでに時間がかかる面を見せてしまった。それでもエンジンが点火した残り1ハロンは、らしい伸びであり、上がり3ハロンも34秒7での2着確保。自身の力は出し切ったと見て良く、勝ち馬の強さを褒めるしかない。

 3着アスカノロマンは、周りの馬が速くて“行かなかった”のではなく“行けなかった”形。ただ、これが結果的には正解で、馬群でうまく流れに乗って最後の伸びにつなげたように思える。この形で好走できたのは大きな収穫であり、しかも今回はダートで初距離だったことを考えれば、今後の選択肢も大きく広がるはずだ。

 3番人気の支持を受けていたベストウォーリアは、苦にしないタイプだとはいえ、やはり久々。それでいて2着争いに加わっての4着は、これ以上は望めぬ精一杯の走りだったのではないか。巧く馬群も捌けており、今後も相手次第ではマークすべき存在だ。

 5着ロワダルジャンは、思ったよりも前で運んで、直線でも一旦は2着確保かのシーンも作った。最後の追い比べで劣ったのは、現状での力不足かもしれないが、それでも新しい形での競馬は、今後に繋がるはずだろう。

 3連覇を賭けたコパノリッキーは、無理にハナを争うことなく、力まずに好位を追走できていたが、それでも過去2年より厳しい流れ。結果論かもしれないが、引くに引けない内枠よりも、自分のリズムで運べる外枠の方が良かったのではないだろうか。ホワイトフーガは、牡馬相手の力の差とも言えるが、これまで経験したことのない速い流れに対応できなかったと見ていいだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル