優馬編集長日誌 3月17日号「100%」

優馬編集長日誌
スプリングSフラワーカップファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝率 連対率 複勝率、100%は何頭?

 先週の時点で桜花賞のトライアルは終了。今週のフラワーCやファルコンSから桜花賞へ駒を進める馬もいないわけではないだろうが、一応 桜花賞においては前哨戦が終わった形となった。一方で今週は2つの皐月賞トライアルが予定されている(若駒SとスプリングS)。3歳クラシック戦線は “いよいよ” の時期。

 現3歳世代の戦いが始まったのは昨年の6月から。ここまでに数多くのレースが行われてきたが、先週までに複数のJRA重賞を勝っているのは牝馬のメジャーエンブレムだけ(2勝)。重賞の勝ち鞍の数では比較が難しいので、ここでは別の視点から現3歳世代を整理してみることにする。

 勝ったことより負けていないこと。というより、馬券から外れていない馬は どれだけいるのだろう。調べてみたところ、現3歳世代で勝率100%の馬は60頭いた。これを「A」グループとしよう。そして勝ち鞍があって連対率100%の馬は98頭(「B]グループとする)、同じく勝ち鞍があって複勝率100%の馬は147頭いた(「C」グループとする)。

 この「A」「B」「C」の中には、当然ながら1勝馬が含まれる。相手に恵まれて1戦1勝という馬も3戦3勝の馬も同じ「A」というのは いかがなものか…ということもあり、これを更に色分けしてみる。「A」の中でも500万のレースを勝っている馬を「AA」、オープン特別を勝っている馬を「AAA」、そして重賞を勝っている馬を「X」としてみたところ、「AA」は12頭、「AAA」は6頭、「X」は4頭となった。

 同じように連対率100%で500万勝ちのある馬を「BB」、オープン特別で勝ち鞍がある馬を「BBB」、重賞で勝ち鞍がある馬を「Y」とすると、「BB」は25頭、「BBB」は11頭、「Y」は8頭。さらに複勝率100%で500万勝ちのある馬を「CC」、オープン特別を勝っている馬を「CCC」、重賞勝ちのある馬を「Z」とすると、「CC」は36頭、「CCC」は13頭、「Z」は9頭だった。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル