ラブリーデイは微妙? 目イチか叩き台か、大阪杯を徹底討論

優馬TM座談会
大阪杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実績断然ラブリーデイで大丈夫か?

デスク「先週の日経賞も有馬記念上位組がズラリと揃った豪華メンバーだったが、大阪杯もなんだか凄い組み合わせ。GI馬が5頭、そのうち3頭は秋に、菊花賞、天皇賞、ジャパンCを勝ってるんだから、これは見ごたえのあるレースとなるだろうな」

田崎「今年を占うという意味でも注目できる一戦でしょうが、2000m戦では秋の天皇賞が完勝だったラブリーデイを信頼すべきでしょう。どれだけ強力なメンバーが集まったとしても、主役は譲れませんよ」

桜井「昨年はGI2勝のみならず、重賞を6勝もしましたが、2000m戦は3戦3勝ですからね。この距離では崩れるイメージが沸きませんよ」

デスク「これは他の馬にも言えることなんだけど、問題は久々でどうか、だよな」

那谷「調教は坂路とコースで合計9本と、十分過ぎるくらい乗り込まれているけど、取材の感触はちょっと微妙なんだよ。“まだ緩さがあるし、前回の休み明けだった京都大賞典の時と比べると一歩手前かな。ただ、格好は付けられる仕上りにある”と、担当の山元助手が言えば、“凄く走る。さすがの動きだったよ”と、デムーロ騎手。このコメントの違いも判断に迷うところなんだ。目標が次走の香港GIということもあるし、本質的には叩き良化タイプだからな…」

中邑「同じ有馬記念以来でも、僕はキタサンブラックの方が仕上っているように見えますね。ドゥラメンテのみならず、ドバイターフを勝ってリアルスティールもGIホースの仲間入りを果たしましたが、ハイレベルだった昨年のクラシック路線では、そのリアルスティールと2勝2敗のタイだったわけですし、レースの主導権を取れるという点で、展開面の有利さもあると思います」

瀬古「加えて言うならラブリーデイには1戦1勝ですしね。菊花賞馬とはいえ、ベストはこのくらいの距離という印象も受けますね」

「3歳時は次を意識した仕上げで臨むこともありましたが、清水久師は“ここからは1回1回が勝負という態勢で臨むつもり”と言ってますし、状態に関しては問題はないでしょうね。ただ、“さすがに2000mを得意とする強者ばかりだから、58キロでそんなに甘くはないでしょう”とも。どんな競馬にも対応できる心強い鞍上に、当然期待はしている様子ですが…」

キタサンブラック

ハイレベルな4歳世代の一角キタサンブラック(撮影:日刊ゲンダイ)

那谷「秋の天皇賞では4着止まりだったショウナンパンドラだけど、ペースを考えれば内容の濃い競馬だったし、続くジャパンCで実力を証明したわけだからな。ジャパンC勝ちの牝馬はいずれも歴代の名牝たちなんだから、そこに肩を並べた以上、ここでも有力視できるんじゃないかな」

デスク「ただ、こちらは有馬以来ではなく、使う予定の有馬を回避して以来、というのが気になるところでもあるな」

広田「有馬は追い切り後の息遣いが良くなくて自重しましたが、翌日にはすぐに体調も戻ったほどで、その影響は全くないと見ていいと思いますよ。以降はここを目標に仕上げられましたし、“一度使えば確実に良化する”と高野師が語る一方で、“ここでもしっかり結果は出せる”と、自信も覗かせてましたからね。昨年は極端な道悪に泣いたので、当日の天気も気になるところですが、“多少の道悪ならこなせる”とのことです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル