大外枠から快勝チェッキーノが、一躍女王候補に浮上

佐藤直文 レース回顧
フローラS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの脚ならオークスでも チェッキーノが桜花組に挑戦状を

 フローラSは、1分59秒7と、史上初めて2分を切るレースレコード決着。前半1000mの通過ラップが59秒7と、けっしてハイペースだったわけではなく、開幕週とはいえエアレーションを施されたソフトな馬場も考慮すれば、かなり価値のある時計だ。

 チェッキーノは、中団で流れに乗り、直線では馬場の真ん中から見事に弾けて後続をちぎる、ただただ、強いの一言であった。桜花賞を見送ったのは、前走後に疲れが出て大事を取ったとのことだが、陣営には距離が延びていいという判断もあったと思われるし、持ち味を最大限に発揮させたルメール騎手の腕もさすがと言えるもの。ハイレベルの桜花賞組にもけっして見劣らない、オークスの有力候補が出現した。

チェッキーノ

強い内容でフローラSを制したチェッキーノ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着パールコードは、直線で一旦は勝ち馬と併せる形だったが、キレ味の差で一瞬のうちに置き去りにされた。ただ、ジリジリとは伸びており、距離はもう少しあった方が良さそう。今回の3馬身差を本番で逆転するのは厳しいかもしれないが、上積みは十分に見込めるはずだ。

 3着アウェイクは、道中は勝ち馬と同じような位置取りから、エンジンのかかりこそ遅かったが、最後の最後に脚を使ったもの。ちょっとビックリの激走だったが、母系の血も優秀なディープインパクト産駒であり、フロック視はできないだろう。

 4着フロンテアクイーンは、直線で抜け出しかけながら、勝ち馬に並ぶ間もなく交わされたのは仕方ないとしても、2着争いで踏ん張り切れなかった。序盤で持って行かれ気味だったためでもあるが、前走が1600m戦だったのに加え、レース間隔が空いた影響もあったと思われる。

 5着ビッシュは、前走からさらに馬体を減らして404キロでの出走では厳しかったと言えるが、それでも後方から勝ち馬と並ぶ最速タイの上がりで伸びており、力は示した。立て直して馬体が回復すれば、重賞でも通用して不思議はない。

 ハナを切ったクィーンズベストは、けっしてオーバーペースではなかっただけに、もっと粘れて良かったはずだが、このあたりのモロさが500万を勝ちあぐねている所以か。ゲッカコウは、出遅れて自分の競馬ができなかったことが全てだったが、東京コースは向かない印象も受けた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル