戸崎も太鼓判! 超絶好調ルージュバックが復活の舞台へ

優馬TM座談会
エプソムカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI帰りルージュバック、古豪フルーキーで軸は二分? エプソムC

デスク「梅雨という一年で最も鬱陶しい時季を迎えたわけだが、今年は東京が梅雨入りしてからまだチョロっとしか雨が降っていないし、日曜も良馬場の見込み。となると、実力通りの決着となる可能性が高くなるな」

武井「そうですね。長く勝ち鞍からは遠ざかっているルージュバックですが、何より桜花賞もオークスも1番人気だった馬ですし、牡馬相手でもGIIIなら力が一枚上でしょう。2着とはいえ、今年初戦の中山牝馬Sは復調を示す内容でしたし、7頭のGI馬が揃っていた前走のヴィクトリアマイルにしても、渋太く差は詰めており、上位とはマイル適性の差だけだったとも言えます」

小野智「中山牝馬Sは道中で落鉄してなければ、勝ってましたよね。今回は前走のダメージがなければ使う、とのことでしたが“ダメージどころか凄く良くなっていると聞いています”と、戸崎圭騎手。私も今度こそ結果を出してくれると信じてますよ」

久光ルージュバックの最終追いは、久々に唸るほどの凄まじい動きで、状態の良さは確かに強調材料となりますね」

佐藤直「過去を振り返ってみても、エプソムCは4歳馬が断然強いレースだからな。東京1800mは初めてでもベストと思える条件だし、普通に走れば負けないと思うぞ」

デスク「ただ、変な負け癖も付いちゃったような気がする馬だし、確実に勝ちに行くのなら、牝馬同士で相手が軽いマーメイドSへ、という選択肢もあったんじゃないのか?」

守屋「大竹師によると“輸送のリスクとハンデを考えれば、牡馬相手でもこちら”という選択です。加えて、以前の言葉を借りれば“右回りより左回りの方が伸びが違う”ためでもあるでしょうね。今回もまた入厩から10日での競馬となりますが、“前走時より反応が良くなっているし、2ヶ月ぶりの前走を叩いて上向いている”と、調教内容にも満足していました。新馬戦も、強かったきさらぎ賞も1800mですからね。僕も直さんが言ったとおり、この舞台がベストだと思います」

ルージュバック

唸るような動きで絶好調をアピールしたルージュバック(撮影:日刊ゲンダイ)

上田「ただ、3000mの菊花賞を除けばいまだ掲示板を外していないフルーキーも、実力で全く見劣りはしないよね。勝ち味に遅いというのはイメージだけで、実際は20戦7勝という高い勝率を誇っているんだし、そして最も信頼できるのが、この1800mだと思うよ」

坂倉「昨年は4着止まりだったとはいえ、最新の世界ランキングで単独トップの座に就いたエイシンヒカリにコンマ2秒差ですからね。それに比べて小粒なメンバーの今年は、58キロを背負っても無類の安定ぶりを発揮してくれると思います」

大江原「GI並みの豪華メンバーだった2走前の中山記念(4着)だけ走れば、楽に足りるメンバーだよ。前走後も併せ馬でしっかりと負荷をかけた調整から、状態面での上積みも見込めるしな」

桜井「重賞こそ1勝のみというキャリアですが、近走でも常に上がり3ハロンはメンバー上位の数字ですし、実績面でもここなら胸を張れる存在でしょう。極端な前残りにでもならない限り、勝ち負けになるはずですね」

守屋「ただ、フルーキーに関しては、昨年の56キロから2キロも斤量が増えますし、東京なら1800mよりもマイルの方がいいのでは、という気がします。加えて、あくまで私見ですが、ルージュバックとは真逆で“左回りより右回りの方が伸び脚が違う”印象も受けるんですよね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2016年有馬記念特集

有馬記念の出馬表(枠順)、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出馬表には、単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル