ダービー馬の弟が1億9000万円 変化するサラブレッドセールのトレンド

【馬声人語】
エイシンフラッシュといえば言わずと知れたダービー馬。その弟が千葉サラブレッドセールに上場すると聞いたときは驚いた。その意図と競走馬のセール事情について考えてみたい。

馬声人語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー馬の弟が登場した千葉サラブレッドセール

 5月15日に行われた千葉サラブレッドセール。昨年はこのセールからノットフォーマルミュゼエイリアンと2頭の重賞ウイナーが誕生し、注目度の高くなっている2歳トレーニングセールである。社台ファームからの上場馬が増加し、全体レベルが上がったことが最大の要因であろうが、そこに今年はダービー馬エイシンフラッシュの弟・ムーンレディの13(父・ディープインパクト)が上場されるというのだから、一段と盛り上がった印象だ。結局、落札したのはマツリダゴッホなどのオーナー、高橋文枝氏。落札価格はなんと1億9000万円。もちろん、同セール史上最高額となった。ちなみに同馬は国枝厩舎に入厩予定だそうだ。

サラブレッドセールのトレンド

昨年に行われた国内のサラブレッドセールを列記すると以下の通り。

4月15日 九州トレーニングセール (売却率 53.8%)
4月29日 JRAブリーズアップセール (売却率 100%)
5月13日 北海道トレーニングセール (売却率 74.8%)
5月19日 千葉サラブレッドセール (売却率 83.0%)
7月14日 セレクトセール1歳 (売却率 84.3%)
7月15日 セレクトセール当歳 (売却率 85.9%)
7月22日 北海道セレクションセール (売却率 62.0%)
7月29日 九州1歳市場 (売却率 40.0%)
8月5日  八戸市場 (売却率 50.0%)
8月25~28日 北海道サマーセール (売却率 61.3%)
10月6~8日  北海道オータムセール (売却率 62.0%)

 良血馬が揃うセレクトセールの人気が高いのは当然だが、この中では3年連続で売却率100%という人気を誇るJRAブリーズアップセールを筆頭に北海道・千葉のトレーニングセールでの売却率の高さが目立つ。近年、トレーニングセールへの需要が増しているからこそ、今回のようにダービー馬の弟という広告塔を上場させたのであろう。売る側のやる気と期待の現われと考えることが出来る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル