鞍上モレイラで必勝態勢シュウジ 須貝師「文句なしの動き」

優馬TM座談会
キーンランドC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

函館スプリントS上位組が中心も 今度はコノ馬が

デスク「サマースプリントシリーズも残すところは、このキーンランドCと阪神のセントウルSだ、なんて言っても、要はサマー王者よりも目指すはGIスプリンターズSの馬たちなんだから、盛り上がらんのも仕方ないな…。ここは函館スプリントS上位組の再戦ムードが漂うが、本紙中田は2着のシュウジに◎。例によって手短かに根拠を聞かせてもらおうか」

中田「今年最もハイレベルだったスプリント戦は、当然のごとくGIの高松宮記念ですが、そこでの4着馬に先着した函館スプリントSの上位3頭は素直に評価すべきです。中でも1・2着馬は無いに等しいハナ差ですし、シュウジの方を」

落合「その前走では2キロあった斤量差が、今回は1キロに。鞍上にもモレイラなら、シュウジが上と見て当然だろうな」

山崎「今週も雨の可能性がないとは言えませんが、シュウジはハイペースで飛ばしたファルコンSこそ失速したものの、稍重だったデイリー杯2歳Sで2着しているように、ピッチ走法で仮に馬場が渋っても苦にしないタイプですからね」

広田「前走は着差が着差だけに、陣営もかなり悔しがっていましたが、今回は何よりも状態の良さが際立っています。変則の火曜に敢行した最終追いは、降雨の影響でかなり重い馬場だったんですが、直線で併走馬を置き去りにして、須貝尚師も“文句なしの動き”と納得の表情でしたよ」

シュウジ

前走ハナ差負けの悔しさを晴らしたいシュウジ(撮影:日刊ゲンダイ)

打越「なんだか逆転して当然の雰囲気になっちゃってるけど、ソルヴェイグの前走は、逃げた馬が一杯になって早目に先頭に押し出されたものだったし、シュウジに目標にされて一旦は前に出られながらも、ゴール前は差し返す形。勝負強さも示して、内容は“ハナ差以上”と言えるんじゃないか。斤量が増えると言っても、まだ52キロなら古馬との比較においても有利だし、連勝も十分だと思うな」

デスク「いわゆる“レコード勝ちの反動”みたいなモンはないのか?」

目黒「この中間のソルヴェイグは、短期放牧でリフレッシュしてから函館で入念に乗り込み、そして札幌へと移動しましたが、札幌への輸送を担当した松浦助手は“輸送は意外と平気だったし、到着してからも落ち着きがある。体もフックラしているし、前回同様のいい状態”と、不安はない様子でした。その前走は大外枠も克服したものですが、“できれば内枠が欲しい”と言っていた鮫島師の思惑通りの5番枠。前走以上の走りも期待できそうですね」

小桧山「俺はまだまだレッツゴードンキを追い続けるぞ。前走は斤量の軽い3歳勢に届かなかったけど、吉田隼騎手も巧く乗れていたし、よく伸びていたからな。陣営にはクイーンSを使うプランもあったようだけど、2度続けて1200mを使った方がいいとの判断。“対応しやすくなるだろうし、馬も1200mモードに入ってきている”と言う寺田助手は“デキもバッチリ”と付け加えてくれたよ。前有利の馬場でもあった前走から、今の馬場なら逆転も十分あるだろ」

目黒「僕も、前走との決定的な違いは馬場だと思いますね。レコード決着となったほどの高速馬場から、仮に良発表だとしても時計を要する馬場へ。底力を要求される馬場や展開になれば、アクティブミノルに4着からの逆転劇も十分あるはずです」

広田「確かに、斤量差を考えてもアクティブミノルの前走は悲観する内容ではなかったですね。これまた前走後は放牧を挟んでの調整となりますが、実質の追い切りと言える先週の動きが、時計・反応とも抜群でした。今回も58キロと、楽ではない斤量ですが、好位差しの競馬を確立した今なら、立ち回りひとつかもしれません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル