ルージュバックは消し 先週ミナレットを穴馬に推したデータ班のオークス攻略

【データで勝つ!重賞レース完全攻略】
波乱の結末を迎えた桜花賞。2冠目、オークスの構図は桜花賞の上位入線馬VS上位人気馬となった。そして別路線からの刺客は? 土曜日の京都メイン、平安Sも掲載中!

重賞データ攻略
オークス平安S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オークス

 オークスの焦点となるのはやはり桜花賞組の取捨選択。一応、過去5年の前走別成績を載せておくと、

前走 オークス成績 連対率
桜花賞 〔4.2.1.34〕 14.6%
フローラS 〔1.2.3.17〕 13.0%
忘れな草賞 〔1.0.0.4〕 20.0%
皐月賞 〔0.0.1.0〕 0.0%

 前走・桜花賞組は過去10年まで振り返っても〔8.6.4.58〕と、連軸候補はここから選ぶのが無難だろう。過去5年、オークスで3着以内に入った前走・桜花賞組の特徴は「5番人気以内」(全馬が該当)、「3着以内」(6/7が該当)。今回で言うと、両方を満たすのはレッツゴードンキのみ。桜花賞がスローの逃げ切りだったことや、母系の血統から距離適性を疑う声もあるが、歴代勝ち馬の母、もしくは祖母の距離適性を見ていただきたい。(2010年は1着同着)

2010年
アパパネ (父 キングカメハメハ)
母 ソルティビッドは1000~1200mで3勝
サンテミリオン (父 ゼンノロブロイ)
母 モテックは仏GIII フロール賞 芝2100m 1着

2011年
エリンコート (父 デュランダル)
母 エリンバードは1500~1600mで4勝 1850mの仏GI オペラ賞 1着降着

2012年
ジェンティルドンナ (父 ディープインパクト)
母 ドナブリーニ 英GI チェヴァリーパークS 芝1200m 1着

2013年
メイショウマンボ (父 スズカマンボ)
母 メイショウモモカ 自身は未勝利、祖母は葵S 芝1200m 1着

2014年
ヌーヴォレコルト (父 ハーツクライ)
母 オメガスピリット 1200mで3勝

 近年の勝ち馬を見る限り、 ほとんどの馬が母系からの距離適性は2400m向きとは言いづらい。むしろスプリント戦で結果を出している母からでもオークスで勝てる馬が出るということ。血統的な距離適性も勿論、馬鹿に出来ないが、3歳春の時点では能力でカバーできる範囲と考えることもできる。

 したがって、レッツゴードンキの母、マルトクが1000~1400mで5勝という短距離馬でも、消しの材料に直結させるのは危険だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル