オールカマー、2頭のグランプリホースをデータで徹底解析

重賞データ攻略
オールカマー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴールドアクターとマリアライト。2頭のグランプリホースが激突するオールカマー。秋のGI戦線開幕を前に、早くも注目の対決が実現!

優位に立つ宝塚記念組

 出走馬の半数が宝塚記念や春の天皇賞以来となる実戦で、仕上がり面も気になる所だが、しっかりとデータを精査していきたい。

前走レース別成績(過去10年)
宝塚記念〔4.3.1.3〕
札幌記念〔3.1.2.10〕
七夕賞〔1.1.0.1〕
新潟大賞典〔1.0.0.0〕
天皇賞(秋)〔1.0.0.0〕
札幌日経OP〔0.1.1.7〕
天皇賞(春)〔0.1.0.3〕
新潟記念〔0.0.2.19〕
エプソムC〔0.0.1.4〕

 とにかく宝塚記念組の強さが目立つ。同じ2200mで直線に急坂があるコースという共通点もあるのだろう、勝率36.4%、連対率63.6%という優秀な数字。

 馬券を外した3頭を見てみると、1頭は前年の宝塚記念に出走していた馬。残りの2頭はGIで3着以内の実績がなかった。その逆で馬券に絡んだ8頭中7頭にはGI3着以内の実績があった。これがまず第一条件。

 馬券に絡んだ宝塚記念組8頭全馬に共通するのは年明け以降に重賞3着以内の実績があること。そうなるとマリアライトサトノノブレスカレンミロティックの3頭が浮上。

今年のディープインパクト産駒は一味違う?

 今年すでに重賞30勝に到達したディープインパクト産駒。昨年との傾向の違いについて調べてみた。

8月終了時点でのディープインパクト産駒成績

2016年
GI〔4.5.5.31〕
GII〔7.5.8.22〕
GIII〔15.7.5.59〕
東京〔28.14.21.139〕
中山〔27.9.9.96〕
京都〔21.17.16.148〕
阪神〔23.17.14.127〕

2015年
GI〔1.5.4.25〕
GII〔3.5.8.28〕
GIII〔8.9.6.62〕
東京〔27.28.22.162〕
中山〔19.11.14.85〕
京都〔28.22.36.155〕
阪神〔19.28.21.135〕

 昨年よりも重賞での良績が目立っているが、特に顕著なのがGII戦。勝率・連対率・複勝率全てで10%近く上昇している。また、昨年と比べて急坂のある中山・阪神での勝ち星が伸びており、以前のイメージとはまた違ってきている。そのディープインパクト産駒は2頭。マリアライトサトノノブレスなら中山実績のあるマリアライトを◎としたい。

マリアライト

宝塚記念を制したマリアライト(桃帽)をデータ班は中心視(撮影:日刊ゲンダイ)

ゴールドアクターの取捨は?

 スクリーンヒーロー産駒は一般的に休み明けが苦手なタイプが多い。3ヵ月以上の休み明けでは、これまでに43頭がのべ70回出走したが、勝ったのは4頭だけ。〔8.6.2.54〕という成績のうち、モーリスが〔2.0.0.0〕、そしてゴールドアクターが〔4.0.0.0〕。この馬に関しては例外と見ていい。

 また、前年の有馬記念勝ち馬が翌年のオールカマーに出走した場合、平成以降では3例あるが4着、1着、2着。春の天皇賞からの臨戦ケースは少ないが、ここは素直にマークすべきか。

 最後に、穴ならクリールカイザーを推す。2010年以降の中山2200mで相沢厩舎は〔6.5.0.11〕と、トップの成績。また、鞍上の田辺Jも同期間で〔7.8.4.41〕、3位の成績を収めている。昨年のAJCCを勝ったように中山で通算5勝という相性の良さは侮れない。

結論

◎マリアライト
△サトノノブレス
△カレンミロティック
△ゴールドアクター
△クリールカイザー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル