“チーム藤沢和”からまたまた大物 来春が楽しみなレイデオロ

佐藤直文 レース回顧
ホープフルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好タイムで完勝 レイデオロ

 GIIという格のみならず、来年からはGIに昇格を申請中というレースの割には、かなり小粒のメンバー。もちろん、来年は朝日杯FSよりもこちらを選択する馬も増えると思えるが、皐月賞に向けて同じ舞台を経験させるなら、京成杯や弥生賞もあるわけであり、この時期に無理をさせたくないと考える関係者も多いはずだ。有馬記念後の12月28日に、単独開催となる日の目玉レースとしての役目を担えるのか、少々気懸かりである。

 そんなメンバーレベルはさておき、勝ったレイデオロは、間違いなくクラシックで中心的存在となり得る馬。道中は折り合いに専念して後方で悠然と構え、直線でも先々を見越して入れた馬群を鋭い脚で割って、着差以上の余裕の完勝だった。馬場差こそあれ、前走の葉牡丹賞が2分1秒0で、今回が2分1秒3。普通に走って普通に勝ったと言っていい。この勝利で、楽なローテーションでクラシックを迎えられそうだが、この馬が活躍することにより、このレースからクラシックを目指す馬が増えることにでもなれば、前述したメンバーレベルの不安も杞憂に終わるかもしれないのだが…。

レイデオロ

馬群を割って伸びた1番人気のレイデオロ(黒帽)が完勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着マイネルスフェーンは、前走が6戦目での未勝利勝ちで、上がり目に乏しい印象も受けていたが、2000mを続けて使ってきたことにより、実に上手なレースぶりであった。勝ち馬を最後まで脚を伸ばしていた点にも好感が持て、成長力のあるステイゴールド産駒だけに、まだ伸びる器だろう。

 3着グローブシアターは、馬群に突っ込んだ勝ち馬とは対照的に、外を回っての追い上げで見せ場を作ったが、勝ち馬に馬体を併せて勝負に行くというシーンはなかった。ただ、キャリア1戦でここまで走れば立派なもので、血統背景を考えてもいずれは重賞を勝てる馬だろう。

 4着ベストリゾートは、立ち遅れ気味のスタートで道中も後方から運んだが、2ヶ月半ぶりだったためか、勝負どころでの反応も一息だった。最後こそ渋太く差を詰めたが、中山コース向きの器用さにも欠ける印象で、明らかに東京の方がいい馬だ。

 5着サングレーザーは、道中の走りに力みが見え、直線で一旦は抜け出しながら後続の追撃に抵抗できなかったあたり、2000mは長い印象を受けた。活躍の場はマイル路線だろう。

 アドマイヤウイナーは、今日のところは序盤で掛かってしまったのが全てだろう。先行勢総崩れの流れも厳しかったと言えるが、じっくりと脚を溜めてこその馬だ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル