4歳馬はダートでも強い? グレンツェントの実力を計る東海S座談会

優馬TM座談会
東海S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

様相は三つ巴だが 4歳馬グレンツェントが一歩リード?

デスク「ここは、TMの印を見ても、グレンツェントアスカノロマンピオネロの三つ巴という感じだが、本紙中田は4歳馬グレンツェントの勢いを重視したわけだな」

中田「暮れの東京大賞典を勝ったアポロケンタッキーと、みやこSではタイム差なしの接戦を演じていることからも、すでにGIレベルでも互角に戦えると…」

山崎「加えて、前走は最後に手綱を抑える余裕すら見せての危なげない勝利でしたし、前が残る中京でも、先行馬が揃ったここは展開が向かないということもないはずですね」

清野グレンツェントは、ダートで全く底を見せていないですし、古馬とは初対決となったみやこSにしても、2着に敗れはしましたが堂々たるレースぶりだったように思います。今回は格が上がってGIIとなりますが、そこまでメンバーが揃った感じもないですしね」

落合「今年の4歳は、芝だけじゃなくてダートでも強い世代だよな。俺もここは三つ巴だと思うけど、アスカノロマンには現にみやこSで先着しているし、ピオネロとは夏の新潟での勝ち時計がコンマ5秒も上回っているからな。グレンツェントで堅いと見るべきだよ」

小島「陣営は、ここか川崎記念かで結構悩んでいたようですが、地方の2100mでは何かしらの紛れが怖かったようで、広いコースでフルに力を発揮できるこちらを選択したとのことです。今後のことを考えても、勝って賞金をしっかりと加算しておかないと、使いたいところに使えない可能性がありますし、加藤征師も“GI仕様の仕上げ”と豪語してました。時々、気まぐれな乗り方をする鞍上に一抹の不安は覚えますが、普通の競馬をすれば負けないでしょうね」

グレンツェント

陣営が「GI仕様の仕上げ」と豪語するグレンツェント(撮影:日刊ゲンダイ)

目黒「僕は、とにかく中京はコース巧者が強いことを考えて、アスカノロマンが優位と見ます。中京では昨年のこのレースの勝利を含め、3戦2勝、3着1回。しかも今回は、最内枠を引いて、コースロスなく先行できそうですし、多少出入りの激しい展開になっても、大崩れは考えにくく、連軸としては最適でしょう。前走のチャンピオンズCは、決して絶好調という雰囲気ではありませんでしたが、和田騎手も“乗り方ひとつでチャンスがあったかも”と悔しがる内容で、改めて実力を証明した一戦だと思いますね」

瀬古「前走に関しては、和田騎手が返し馬の段階で、太かったみやこSとの状態の違いを感じたそうです。前に行った馬が総崩れとなった展開を考えても、内容的には一番強い競馬だったと思いますね。1~2月の実績は6戦3勝で着外なしと、この時期に走る馬ですし、昨年同様の強さを見せてくれるはずですよ」

小桧山ピオネロは、ダート路線に転向してから、1・1・2着と、これこそ底を見せていないよな。特に前走のシリウスSでは、正攻法の競馬でアポロケンタッキーやミツバに先着しているんだから、何ら見劣りはしないはず。自在な脚質で、当地で勝ち鞍もあるのなら、新星誕生を期待していいと思うぞ」

打越「ダートで初めて土が付いた前走にしても、ゴール前で勝ち馬に寄られる不利がなかったら、どう転んでいたかわからない着差だったからね。その戦前に、右回りと距離延長を不安視されていたことを考えても、左回りの1800mに戻る今回のピオネロは、もう一段上のギアが使えるんじゃないかな」

福田「前走は勝ち馬のジョッキーが騎乗停止スレスレの“過怠金10万”やったほど。ジワジワと伸びたこの馬にはホンマに痛かったはずや。帰厩後も順調そのもので、先週は長めから、今週は終い重点でビッシリ追われとるやさかい、太目が残りやすい時季でも抜かりのない仕上げや。右回りでも結果を出せたとはいえ、松永幹師も“左回りの方がスムーズに走れるし、目標のフェブラリーSへ、勝って弾みをつけたい”と、強気やで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル