注目のGI馬対決・京都記念 マカヒキの道悪適性を激論!

優馬TM座談会
京都記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

復帰戦マカヒキVS世界を驚かせたサトノクラウン

デスク「今週は、木曜あたりから数時間ごとに京都の天気をチェックし続けているが、少しでもいい馬場状態で、GI馬の激突が見たいものだな」

桜井「そうですね。当日の馬場状態は気懸かりですが、ここでのマカヒキは、馬場云々を超越した存在だと思いますよ。昨年の最優秀3歳牡馬に輝いたサトノダイヤモンドには、2戦2勝。もし、秋も国内に専念していれば、その座のみならず年度代表馬の可能性もあったと言えます。馬場や久々を割り引いてもお釣りが来る馬ですし、これだけの馬ですから、始動戦でも抜かりなく仕上げてくるはずです」

田崎「実際に、1週前のコース追いはさすがの動きで、目標が先にあるとはいえ、おかしな競馬にはならないはずです。復帰戦に照準を合わせて来日したのでは、とすら思えるムーア騎手を背に、どんな走りを見せてくれるのか、楽しみですね」

デスク「ただ、馬券も買って応援した凱旋門賞があんな結果になって、ダメージなんかも残っていないんだろうか」

広田「凱旋門賞の敗因については明確ではありませんが、力を出し切っていなかったことは火を見るより明らかですね。その分、帰国後はジックリと立て直しを図ってきたわけですし、先週も今週もダービー馬に恥じない動きでした。そんなマカヒキにとって、唯一の懸念材料が道悪馬場だと思いますが、とにかく無事に回ってくれさえすれば、結果も付いてくるはずですよ」

マカヒキ

昨年の凱旋門賞以来、約4か月ぶりのレースとなるマカヒキ(撮影:日刊ゲンダイ)

那谷「ただ、雨中での施行となった先週のダメージが残った上に降雪、という馬場はどうかな、と思うぞ。実際に、重馬場だった先週日曜のディープインパクト産駒は、きさらぎ賞のサトノアーサーをはじめ、得意の京都で1勝もできなかったからな。パンパンの良馬場ならマカヒキの優位は動かないけど、今回に限っては重巧者や上がりのかかる決着を得意とする馬を狙うべきで、“馬場は悪ければ悪い方がいい”とミルコが言うサトノクラウンの連覇に期待したいな」

加茂「昨年にしても、雨の泥んこ馬場にみんな苦労した中で、この馬だけがスイスイやったからな。あれは、相当な道悪適性がないとできない芸当やろ」

デスク「ただ、サトノクラウンの秋天までの走りを見ると、前走の香港ではマカヒキとは逆に、何であんなに走ったんだろ、って思うけどな」

吉田「秋の天皇賞は、勝ち時計こそ1分59秒3とレコードに程遠い数字でも、上がり3ハロンが11秒5-11秒0-11秒7と、キレ味が求められる決着。サトノクラウンは、この流れに対応できる決め手はなかったものの、ラストのラップが12秒台続きだったと推定できる香港では持ち味を生かせたんとちゃいますか。昨年同様に“キレ味要らず”の馬場になるんやったら、素直に買いでっしゃろ」

小島「陣営は、キレ味云々より、気持ちの問題と見てますね。天皇賞でもデキは凄く良かったんですが、気持ちが空回りしていてムラッ気を出してしまったと。それだけに、前走の香港では“気持ち次第で”と思っていたようですが、モレイラ騎手はさすがでしたね。道中で、敢えて馬込みに入れて闘争心を引き出し、あの結果を出したわけですから。だから、陣営にも驚きはなく“やっぱり走る馬”と再認識していましたよ。帰国後も順調ですが、冬場ですから若干の太目も仕方ないでしょう。このあとは、ドバイか豪州か、というプランがあるので、叩き台の要素は確かにありますが、それはマカヒキや他の有力馬も一緒ですからね。前走が本来の姿なんですし、素直に信頼していいと思いますよ」

田崎「もちろん、◎マカヒキの最大のライバルがサトノクラウンであることに疑いの余地はありませんし、馬場が悪くなればなるほど、逆転の可能性も高まると見ていいですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル