快速娘レーヌミノルに急接近カラクレナイ 桜チケット争奪戦を激論

今週日曜は、阪神で桜花賞の最終トライアルとなるフィリーズレビューがフルゲートの18頭立てで行われる。人気は昨年暮れの阪神JFで3着したレーヌミノルだが、ライバルたちも虎視眈々。GIの舞台を目指す少女の熱き戦いを優馬TM陣はどう見ているのか。

優馬TM座談会
フィリーズレビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここが本番? プランどおりに来たレーヌミノル

デスク「なんか先週のチューリップ賞を見せられたら、本番の桜花賞もソウルスターリングで決まり、みたいなムードだけど、この中に本番で脅かす存在はいるんだろうか。実際に、このレースから桜花賞に臨んで連対したのは、過去10年で1頭しかいないんだよな」

田崎「まぁ、ここを使ってくる馬は、GIIなんで他のトライアルより賞金が高いこともありますが、本番のマイルは微妙に長いので1400mを、というケースが多く見られますね。◎に推したレーヌミノルも阪神JF組では3着だったとはいえ、本質的にマイルは長いんじゃないかと思います。だからこそ、本番よりも1400mのここで目一杯、という考え方ができますね」

那谷「俺はレーヌミノルが本質的には1200mがベストのスプリンターだと見ているほどで、ここ3走は能力で距離をこなしているんだと思うよ。ただ、内回りの1400mなら守備範囲だし、軸馬としては信頼できるよな」

桜井「重賞勝ちのみならず、強敵相手でも常に崩れることなく走っているんですから、今回の恵まれた組み合わせでは逆らえませんよね」

瀬古レーヌミノルは、折り合いを付けて終い重点の追い切りでしたが、ラスト1ハロン11秒6の鋭い伸びは目に付きましたね。前走こそ、はからずもハナに立つ形となってしまいましたが、行きたい馬も多いここなら、好位から差す本来の競馬で抜け出せるはずです」

福田「さすがに陣営は“ここが本番”とは言うとらんが、当初から“3走目で桜花賞”ちゅうプランやったさかい、前走が先を見据えた仕上げだったことは確かやろ。対して今回は、負荷をかけた稽古をこなして、間違いなく前走以上の状態。このメンバーなら、結果はもちろん中身が問われるはずやし、本田師の思いも“本番に期待をつなぐ勝ちっぷり”の一点や思いますわ」

レーヌミノル

前走以上の状態で臨めそうなレーヌミノル(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「ただ、デビューから3連勝でデイリー杯を勝ったジューヌエコールがもっと人気になっていいとも思えるけど、やっぱり前走の惨敗で株も急落したと言うことなのか?」

吉田ジューヌエコールの前走は、ロスや不利など細かい敗因もありましたけど、やはりジョッキーと喧嘩して前半で消耗してしまったことが一番や思います。出遅れて後方一気の強さを見せたききょうSに、好発からラチ沿いをピッタリ回ったデイリー杯のような上手な競馬もできる馬。鞍上との折り合いが付いたら、勝負になるんとちゃいますか」

細川「鞍上とのコミュニケーションについては、3週連続で北村友騎手が跨いで、しっかり取れていると思いますよ。2歳時にも調教を付けてましたから、実戦で乗るのは初めてでも、馬のことをよく知っているはずです。ただ、それ以上に魅力的なのが、カラクレナイですね。ここで権利を、というのはもちろんのこと、重賞に手が届いていいレベルの馬だと思いますよ。久々でも仕上りの不安どころか、成長も見込めますからね」

中邑「デビュー戦こそ全く流れに乗れず4着と敗れたカラクレナイですが、以降の2戦はともに余力十分の勝ちっぷりで、ここでも決め手は通用すると思いますよ」

加茂「ゲートに不安があるから、今回もそのあたりが鍵になるんやろうけど、4コーナーで射程圏内なら、一気に差し切るシーンも十分あるはずや」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル