重賞初Vウインブライトは中山がピッタリ 課題は1ハロンの距離延長

佐藤直文 レース回顧
スプリングS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

混沌ムードに拍車をかけて ウインブライトが最後の名乗り

 ここまでの牡馬クラシック戦線からは、それなりに“候補”と言える馬は出ているものの、“これで決まり”という馬の出現はない混沌ムード。そんな中で、皐月賞の最終トライアルで満を持して登場する2歳王者に、本番の“核”としての期待をかけていいのか、という点を見極めるべき一戦となった。

 前半1000mが60秒2とマズマズのラップで、各馬が力を発揮できる流れだったように思うが、勝ったウインブライトは、後方待機から勝負どころで大外を回って進出して抜け出し、後続の追撃を凌いだもの。前走からマイナス12キロの馬体だったが、細くは見せず、むしろ充実したように映り、今日は外から力で捻じ伏せる競馬だったとはいえ、本来は器用さもあって中山コースもピッタリの馬だ。ただ、距離は1800mがベストに思え、本番の皐月賞は相手関係云々よりも、あと1ハロンの延長をどう克服するかだろう。

ウインブライト

皐月最終トライアルを制したのはステイゴールド産駒のウインブライト(桃帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アウトライアーズは、前走がマイル戦だったこともあってか、折り合い重視で運んで道中の位置取りは勝ち馬とほぼ同じ。先に抜け出した勝ち馬に半馬身届かなかったが、3ヶ月ぶりの久々としてはけっして悪くない内容だったか。

 3着プラチナヴォイスは、気難しい面を出しての凡走が続いていたが、ブリンカーの効果もあったか、今回はしっかりと脚が溜まって本来の力を発揮できたように思う。

 4着サトノアレスは、出遅れは仕方ないと言えたが、直線で弾けそうで弾けなかったあたりは久々の影響だろう。馬体や雰囲気からは成長の跡が感じられ、一度使って変わる可能性は十分にある。今回の結果で“核”にはならないとはいえ、“候補”の座は譲れないはずだ。

 5着トリコロールブルーも、サトノ同様に伸びそうで伸びなかったが、急仕上げ気味で好走した前走の反動が出た印象も受けた。距離も1800mは短く、2000m以上でこその馬だろう。

 モンドキャンノは、初の1800m戦の流れで力んでしまったもので、自分の競馬ができなかった。ただ、この結果で目標がNHKマイルCでハッキリと定まったはずだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 想定単勝オッズ・人気
  • 次走予定
  • 日本ダービー戦績
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬@ソーシャル