自在に渋太くモズカッチャンがV 1番人気ホウオウは展開に泣く

佐藤直文 レース回顧
フローラS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教科書通りの競馬で 伏兵モズカッチャンがオークスへ名乗り

 前半1000m61秒5のスローペースで、以降の2ハロンも12秒台のラップが続いて典型的な上がりの競馬となったが、後方待機組や外を回るロスのあった馬には出番のないパターンだった。そんな中で勝った馬は、こういう流れでの教科書通りの競馬だったように思う。

 そのモズカッチャンは、不安のあったスタートも決めて、最内枠から中団のインで道中は全く動かずに流れに乗り、直線でも無理に外へ持ち出さず、残り1ハロンを切ってから3着馬の外へ馬体を併せて差し切ったもの。おさらく枠順が決まった段階で、鞍上が思い描いたとおりの競馬だったろう。自在性や追われての渋太さがあり、距離が延びても大丈夫と思える馬だけに、本番のオークスでも楽しめるはずだ。

モズカッチャン

内を捌いてきたモズカッチャン(白帽)が1着でゴール(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ヤマカツグレースは、前走同様に2番手でスムーズに折り合い、直線でもギリギリまで追い出しを待って、一旦は並ばれた3着馬を振り切ったところで勝ち馬の強襲に遭ったもの。展開が味方したとはいえ、これまた持ち味を出し切った勝ちに等しい内容だった。

 3着フローレスマジックは、今日の流れで道中3番手は絶好位と言えたが、追い出されてからスパっとキレず、伸びはジリジリ。勝ち馬に目標とされて差されたのは仕方ないとしても、2着馬を交わせなかった点には不満が残る。陣営のコメントにもあったように、良くなるのはまだまだ先なのかもしれない。

 4着タガノアスワドは、輸送で大きく馬体が減った影響か、テンションが上がって序盤は行きたがっていた。ただ、それでもこのペースで逃げられたことで、掲示板は確保した形だ。

 5着レッドコルディスは、枠なりに外を回る形で、直線でも長くいい脚を使えていたが、今日の流れではここまでだった。もしも内目の枠を引けて好位で立ち回ることができていれば、勝ち負けになっていたかもしれない。

 ホウオウパフュームは、オークスを見据えたかのような8分程度の仕上り。それでも勝負になるという陣営の計算だったのだろうが、自分の競馬に徹してそれなりに脚は伸ばしており、今日のところは展開が全てと言えるだろう。アドマイヤローザも、今日の流れでは出番のない位置取り。前走のように先行できる脚もある馬だけに余計残念だが、これが能力ではないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル