状態、コース、斤量… キタサンvs.サトノをTMが多角的に検証

古馬最高峰の座を賭けた天皇賞・春。暮れの有馬記念以来の対決となるサトノダイヤモンドとキタサンブラック。ともに今季緒戦を快勝して臨む淀の舞台で、果たしてどんな名勝負が生まれるのか。優馬TM陣が徹底討論。

優馬TM座談会
天皇賞(春)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪辱か返り討ちか 再び相まみえるサトノvs.キタサン

デスク「これが2度目の対決となるサトノダイヤモンドキタサンブラックだけど、前回の有馬記念は、最強馬を決めるにはけっして相応しい舞台とは言えないし、斤量差があったことを考えても、今回こそが雌雄を決する場だと思うが…」

小桧山「ただ、有馬記念で2キロの斤量差があったとはいえ、先行勢有利のペースの中を早目に仕掛け、一呼吸置いて直線で差し切ったサトノダイヤモンドは、能力の差を見せ付けた内容だったと思うし、俺は勝負付けが済んでいると思うけどな」

桜井「有馬で長くいい脚を使って差し切ったことを考えれば、京都外回りで、より差が開く可能性も高いですよね」

坂倉「ディープインパクト産駒ですしね。京都でより良さが生きるタイプだということに、疑いの余地はありませんよ」

大江原「有馬での斤量差は、当然計算に入れなければいけないけど、そこからどれだけ上昇しているか、だよな。伸び盛りの4歳馬サトノダイヤモンドに上昇度を加味すれば、同じ斤量でも勝てると思うぞ」

武井「そのサトノダイヤモンドの成長ぶりについてですが、有馬の時は加速に少し時間がかかって直線で一旦は置かれるシーンがありましたが、前走の阪神大賞典ではスムーズに加速できてましたからね。もうワンランク上の強さを見せてくれると思いますよ」

瀬古「父が敗れた3歳での有馬記念をクリアして、今季緒戦の阪神大賞典もレース史上2番目の速い時計で危なげなく通過したわけですから、もう何の不安もないでしょう。ここを勝って、大目標の凱旋門賞へ行って欲しいですね」

デスク「何か言いたそうなキタサン支持派の視線をビシビシ感じるけど、サトノについては厩舎担当の那谷に締めてもらおうか」

那谷「前走は、同じ休み明けだった神戸新聞杯より仕上っていたとはいえ、あくまでトライアル仕様。それでいながら、中盤のペースが緩まない流れを力で捻じ伏せて、レコードにコンマ1秒差だったのなら、この段階で◎は決まりだろ。もちろん、ルメール騎手も“トップコンディションになった”と今回の状態に太鼓判。武井君が指摘した加速の遅さも、下り坂を利用できる京都コースなら実績が示す通り不安もないし、新旧の菊花賞馬対決となるわけだけど、過去の春天での同様の対決は、圧倒的に後輩馬がリードしているデータも付け加えておこうか」

サトノダイヤモンド

再度のキタサンブラック撃破を狙うサトノダイヤモンド(緑帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

西田「有馬での斤量差は成長度で、なんて話も出ましたが、私はキタサンブラックにしても同じようにパワーアップしていると思います。同じ前哨戦勝ちでも、GIに昇格してハイレベルとなった大阪杯を完勝した、という点もその証明ですし、同じ斤量なら雪辱を果たせるのではないかと」

田崎キタサンブラックはまたしても内枠を引きましたが、枠順に左右されない長距離戦とはいえ、やはりこの馬にとっては絶好枠でしょうね。サトノ以外の4歳馬も強敵になると思いますが、斤量が同じであれば貫禄を示してくれるはずですよ」

小野智「実は武豊騎手に手が替わった昨年の大阪杯から、キタサンブラックにずっと◎を打ち続けているんですが、全て馬券圏内に来ているんですから今さら他の馬に◎は打てませんよね。若いコにはまだ負けられませんよ、って誰に言ってんだか…」

佐藤直「まぁ、唯一の対決だった有馬記念をどう見るか、が鍵だと思うんだけど、ゴール前でキッチリ捉えたサトノが強かったという見方もできるが、俺は交わすのに意外と手こずった印象を受けたんだよな。より差し馬に有利と思える暮れの開催最終週の馬場でああだったのなら、まだ開催2週目で直線も平坦の京都では、状況はキタサンブラックの方に有利に働くんじゃないかと思うぞ」

那谷「直さんの言うこともよくわかるんだけど、本当の瞬発力勝負ではたしてキタサンがどこまでやれるか、という感も否めないんだ。大阪杯はマルターズアポジーが離して逃げたにもかかわらず、1000m通過が59秒6。後続にとっては完全なスローペースで、上がり3ハロンの数字がメンバーで7番目だったということを考えても、武豊騎手の巧さとベストの位置取りで恵まれたと言えなくもないよな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル