状態、コース、斤量… キタサンvs.サトノをTMが多角的に検証

優馬TM座談会
天皇賞(春)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

穴馬なんて失礼な 復活を期すGIウィナーも

デスク「まだ名前の挙がらない馬の中には、GI馬も含まれているけど、中でもゴールドアクターは昨年の1番人気馬だよな」

加茂「みんな忘れとるようやけど…。2強の実力が頭ひとつ抜けていることは認めるとしても、過去10年を振り返って、1・2番人気同士の決着は一度もない。春天は、実力イコール結果にならん、いう性格のレースなんや。それやったら、この馬で一角崩しを。何より鞍上が怖いでぇ」

吉田「△しか打てませんでしたが、僕もゴールドアクターは◎候補やったんですわ。去年のパドックを目の前で見ていて、敗因が能力や展開やない、いうことをよ~くわかってますから」

西田「案外だった前走についても、陣営は“あの負け方は精神的なもの”と見ています。パートナーの吉田隼騎手に落ち度があったわけではないですが、気で走るタイプだけに、一度ズルさが出てしまうと難しい面があり、その意味もあって横山典騎手という“起爆剤投入”なんです。ゴールデンウィークの道路混雑を避けて早目に輸送したことが裏目となった昨年からの仕切り直しという意味でも、陣営は納得のいく結果を期待してましたね」

ゴールドアクター

新コンビを組む横山典騎手の手綱捌きにも注目が集まるゴールドアクター(撮影:日刊ゲンダイ)

伊利「近年の傾向としては、高速馬場で行われることもあってか、他の長距離重賞と比べてスピードの持続力がより一層要求されるレースだと思います。昨年の1・2着馬も現に2000mの重賞で連対歴のあった馬ですからね。そういう点を考慮して、僕は皐月賞を当時のレースレコードで制したディーマジェスティの復活に期待しますよ」

デスク「ただ、この馬自身の近走が冴えないよな、コジ」

小島「前走なんかも取材の時点で“全体的に重い”と、陣営は言ってましたから、あの結果も仕方ないでしょうし、菊花賞から中3週で使ったジャパンカップの疲れがなかなか取れなかったことは確かです。ただ、叩いてデキはかなり上向いているようですし、佐々木助手によると“菊花賞の最終追いの時よりもフットワークがいい”とのことで、絶好調だった皐月賞時には及ばないまでも、確実に復調は示していますね。それでも“これを使って更に良くなりそう”とも言っていたので、重い印を打てるのは次の宝塚記念あたりかと思いますが…」

デスク「コジの担当では、もう一頭、アルバートもいるけど、こっちは吹いてくれるのかな?」

小島「前走のダイヤモンドSについては、陣営も“強いの一言に尽きる”と言ってましたし、やはりGIIやGIIIの長距離重賞では役者が違う馬です。GIではちょい足りずですが、6着に終わった昨年も直線ではよく伸びていましたし、“決め手勝負になれば”という期待もあるようです。とはいえ、実際に有馬でも手を合わせて、サトノやキタサンの強さにも一目置いてますから、あくまで3着候補くらいの評価でいいんじゃないかと…」

デスク「あと、厩舎担当の加茂が無印のアドマイヤデウスだって、前走くらい走れば可能性はあると思うけど」

加茂「前走は、転厩緒戦で陣営も手探りの中での3着なら、一応の力は示したと思いますわ。ただ、メンバーはもっと強くなるんやし、過去2回も結果が出とらんことを考えたら、個人的には条件が合わないと見てます」

優馬プレミアム 事前登録受付中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

日本ダービー特集

2020年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル