「まず崩れない」「2着探し」 連勝中テイエムジンソクにTM陣お手上げ

優馬TM座談会
エルムS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここで重賞ゲット? 大ブレイクのテイエムジンソク

デスク「過去10年で上位3番人気以内の馬が9勝しているレース。昨年が7番人気馬の勝利で例外パターンだったとはいえ、基本的には堅めの重賞だと考えていいし、今年はどう考えても逆らえない馬が1頭いるよな」

中田テイエムジンソクのここ2走は、1700ダートで連続して1分42秒台で駆けていますが、これはGIIIレベルをはるかに超えた能力と見ていいでしょう」

落合「重賞未勝利とはいえ、そもそもこれが初挑戦の馬だからな。実績馬もいるとはいえ、例年に比べてメンバーは手薄だし、ここ2走と比べて一気に相手が強くなったと思えないから、興味は2着探しだよ」

三代川テイエムジンソクは、小回り向きの先行力と持続力を持ち合わせている点に魅力を感じます。多少流れが厳しくなったとしても、まず崩れることはないでしょうね」

デスク「ただ、マークがキツくなるのは確かだと思うけど」

清野テイエムジンソクは古川騎手に乗り替わっての3連勝が全て楽勝ですが、前走などもほとんど馬なりでハナに立って手応えも抜群で、直線でも一生懸命追っている風でもないのに後続を突き離す感じでしたからね。しかもトップハンデを背負って。あれでは、早目に行っても脚を使わされるだけだと思いますし、マークのしようもないのではないかと。断然人気の馬は逆らいたくなる性分ですが、この馬にはお手上げです」

デスク「でも、疲れが出ているとか、これ以上の上積みはないとか、何かイヤな話はないのかな」

目黒「前走後も引き続き函館に滞在して調整されて、1週前に札幌へ移動してきましたが“函館からの輸送は無事にクリアして、札幌の環境にも慣れて落ち着きがあるし、引き続き雰囲気はいい。追い切りはしっかりと追って、ラストまでいい動き。ここ3戦は序盤からスピードに乗せて行っても、ラストまで勢いが持続していて、明らかに競馬の内容が良くなっていると思う”と武英師の表情にも不安は読み取れませんでした。デビュー前から調教に騎乗していた師によると“能力は感じていたが、あの頃は幼い面が残っていた。今は経験を積んで、色々と覚えてくれて調教もしやすくなっているし、競馬でも確実に走れるようになった”と成長を感じている様子。今回も強い競馬を見せてくれそうですね」

デスク「ま、テイエムが強いのはわかったが、未対決の実績馬も今回は揃っているわけだよな」

広田クリノスターオーの前走は、久しぶりに着けたブリンカーの効果で最後まで集中力を持続できたようで、今回もレースで着けるようです。今回は、実質的な追い切りは先週の栗東で済ませ、日曜に函館へ、そして水曜に札幌入りする変則的な調整になりますが、海外遠征も含めて長距離輸送には全く心配のないタイプですから、陣営も順調さを強調していました。瞬発力勝負よりもスタミナ勝負で持ち味が生きる馬なら、テイエムが作る流れもむしろ歓迎ですし、過去3年で2・4・2着と涙を呑んできているだけに、4度目の正直に期待したいですね」

木谷クリノスターオーは、とにかく渋太くて馬群に沈みそうで沈まない不思議な馬ですし、昨年の2着にしても最後は差し返す勢いでしたよね。各馬の仕掛け所が早くなる小回りの1700mなら馬券からは外せないと思いますよ」

目黒「ダートに路線変更後は堅実な走りを見せているピオネロですが、前走後から札幌に入厩して調整しています。“瞬時に反応できるタイプではないので、前走は苦しい形になったけど、その中でも良く頑張ったのでは。札幌入厩後は疲れが見られて、馬体も減ったが、日ごとに回復しているし、元々輸送が苦手なところがあるので、滞在で臨めるのは間違いなくプラスなんじゃないかな”と大渡助手は明るい表情でした。鞍上ルメールの手腕込みで注目すべきですが、今のテイエムの強さを考えれば同じような脚質の逃げ・先行タイプはかなりの苦戦を強いられると思いますし、少し後ろの位置から運んで終いを生かすこの馬が浮上する可能性が高いと見ます」

小桧山ピオネロは、馬っ気が強くて、運動中でも牝馬が近くを通ると後ろ脚で立ち上がるほど元気がいいんだよな。逆に隣の枠に牝馬が入って心配になるほどだけど“レースでは大丈夫”という大渡助手の言葉を一応は信じるよ」

打越「昨年は3着に終わったモンドクラッセだけど、それを含めても札幌ダートで4戦3勝の巧者ぶりは見逃せないよな。週末の雨で脚抜きが良くなるのも、この馬には追い風だし、休み明けも走る馬だぞ」

板子モンドクラッセの前走は、出入りの激しい展開で戦意を喪失した形でしたが、放牧に出してからはここ一本に目標を定めて調整されてきましたし、態勢は整っています。昨年のこのレースで北海道での無敗記録こそ途切れましたが、1700ダートがベストの条件であることには変わりはないですし、強力な同型馬の存在で楽な展開は望めないとはいえ、軽くは扱えないことも確かですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル