オルフェの孝行娘がまた一頭 抜群のセンスでラッキーライラック

佐藤直文 レース回顧
アルテミスS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後の伸びしろも十分 ラッキーライラック

 土曜の東京はメイン発走の1時間ほど前から雨が本降りとなり、良馬場発表のままでもかなり渋った状態。とはいえ、前半3ハロン35秒4、1000m通過59秒8は少し遅めの流れであり、キレ味が削がれる馬場もあってか後方待機組には厳しい競馬となった。

 ラッキーライラックは、新馬勝ちもそうだったように、好位で前を見ながら運び、直線で鞍上のゴーサインが出ると一気にギアを上げて抜け出したもの。抜群のセンスが光る内容だった。オルフェーヴル産駒の割には馬格があるだけに、これは今後の伸びしろも十分にありそうなタイプ。順調に行けばクラシックも視野に入りそうだ。

ラッキーライラック

ラッキーライラックがデビューから連勝で重賞制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サヤカチャンは、とにかく逃げたことが大正解で、前走の1400mも距離が短かったと見ていい。今日のような渋った馬場の適性もかなり高い走りで、もっと馬場が悪化していれば逃げ切りもあったのではないだろうか。

 3着ラテュロスは、先行できたとはいえ、枠なりに荒れたインを終始回って外へ出すシーンがなかったのは厳しかった。それでも能力は示す走りであり、馬体が増えていたことも今後へ向けての好材料と言える。

 4着トロワゼトワルは、中団からしっかりと脚を伸ばしての掲示板確保だったが、少し馬群の捌きに手間取ったこともあって、脚は余し気味だった。4ヶ月ぶりの久々を考えれば、これまた次に繋がる走りだろう。

 5着スカーレットカラーは、道中は勝ち馬を見る形で運んだが、こちらは直線でもうひとつギアが上がらなかった。ただ、これまた久々だっただけに、次は変わる余地がある。

 トーセンブレスは、スタートで安目を売って序盤に少し脚を使わされる形。前走で見せた破壊力は、やはりジックリと脚を溜めていってこそで、今日は持ち味を発揮できなかった。ウラヌスチャームも、前走で見せた上がり32秒0の末脚は見せず終いだったが、荒れた馬場が応えたというよりキャリアの浅さが出た形だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル