新年に飛躍を誓う セダブリランテスが5戦4勝でGI戦線へ

佐藤直文 レース回顧
中山金杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着差以上に強い勝ちっぷり セダブリランテス

 前半1000mが61秒5のゆったりとした流れは、昨今の中距離重賞では珍しいものではないが、ただでさえ追い込みの利きづらい冬場の芝でのスローペースでは好位をロスなく運ぶ馬が断然有利となる。実際に近年のこのレースでも内枠の馬同士での決着が多いが、今年の結果を考えてもこのレースにおける内枠有利の傾向は当分続くのではないだろうか。

 セダブリランテスは、好枠を利して道中2番手の絶好位。3コーナー手前からペースが上がったところでは、鞍上の手も動いていたが、ここで離されずに付いて行ったのは鞍上の好判断と言えた。直線では先に抜け出していた2着馬をゴール前でクビ差捉えて1番人気の支持に応えたわけだが、これはけっして1キロのハンデ差の分ではなく、着差以上に強い勝ちっぷりだったように思う。今後は順調に使っていけるか、速い時計の決着に対応できるか、という課題もあるが、まだ5戦のキャリアを考えても今年の飛躍が楽しみな一頭だろう。

セダブリランテス

最後にグイッと伸びたセダブリランテス(赤帽)が優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ウインブライトは、これまた好位から運んで完全に勝ちパターンの競馬だったが、正攻法で力は出し切っており、今日のところは仕方ないと言えるだろう。ただ、現時点での好走の場は小回りの1800~2000mに限定されている感も受ける。

 3着ストレンジクォークは、3日の坂路でも一番時計をマークするなど、目下の状態の良さは目立っていたが、準オープンを勝ち上がっての重賞挑戦でここまで走れば御の字だろう。一瞬の脚を生かせる中山コースもピッタリの馬だ。

 4着ブラックバゴは、後方から自分の競馬に徹しての大外強襲だったが、追い込みには向かない流れを考えれば、本格化を示す内容で、前走のオープン勝ちがフロックではないことをアピールした形だ。

 5着ダイワキャグニーは、テンから出して行かずに控える形。理想は1・2着馬のようなポジションの馬であり、今日は行かなかったことが敗因の全てだろう。けっしてコース適性の問題ではない。

 カデナは、大外枠も厳しかったと言えるが、鮮やかに差し切った弥生賞とは頭数も違うだけに、同じ競馬を試みても通用しないのは仕方ないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル