「ポスト・キタサンブラック」を探せ! 伝統のハンデ重賞を激論

優馬TM座談会
日経新春杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実績上位馬を素直に狙う? されどハンデ差が…

デスク「このレースの近年の傾向は“4歳馬強し”。今年もイキのいい4歳勢を買えば簡単だと思っていたら、一頭もいないじゃないか」

桜井「そうなれば素直にミッキーロケットでしょう。昨年のこのレースの勝ち馬であり、ここでの実績もメンバー最上位ですからね。トップハンデでも軸は譲れませんよ」

那谷「中間に傷腫れがあって運動を休んだ日があったけど、追い切り後に“いつもと何も変わらなかった。いい状態”と、和田騎手も言っていたし、割り引く必要もないだろう。GIではちょっと足りなくても、GIIなら常に上位争いを演じてきている馬だし、信頼していいよな」

瀬古ミッキーロケットの前走は勝ち馬の切れ味に屈した形ですが、トップハンデを背負って正攻法のレースをしての2着ですから力は示したと言えます。昨年の再現については“ここ2走はゲート内でも落ち着いていられた。あとはハンデ差がどうかだけ”というのが、これまた和田騎手の見解です。その昨年の55キロから2.5キロ増になりますが、前走で同じハンデを克服できていますし、メンバーを見渡しても今年の方が揃ったという印象もないですから、連覇の可能性は十分と見ていいでしょうね」

中邑「とはいえ、僕はやはりハンデが気になります。以前からあったズブい面が全く解消されてませんし、同じハンデとはいえGIIIの前走より相手のレベルも上がりますからね。実力を認めても、印は4番手の“注”まで下げました」

ミッキーロケット

調整過程に割り引き材料は見当たらないミッキーロケット(右)(撮影:日刊ゲンダイ)

須藤「重賞勝ちこそないモンドインテロですが、実力的にはもう重賞に手が届いていい馬だと僕は思いますね。前走のチャレンジカップでも大外から見せ場を作りましたが、オープン特別の3勝がいずれも2400m以上の距離でのものであるように、ゆったり流れるこの距離の方がレースもしやすいはずです。昨年は自身よりハンデの軽かったミッキーに2馬身差の3着でしたが、斤量が逆転した今年は好勝負になりますよ」

大江原「前走は、陣営も“この馬には少し忙しい”と認める阪神内回りの2000mだったから、むしろ一瞬は勝ったか、と思わせる際どい内容の競馬だったことを評価すべきだよ。重賞未勝利なのに昨年より0.5キロ増の57キロは少しかわいそうだけど、斤量泣きするタイプでもないし、何よりベストと思える舞台なら問題はないだろう。“今の状態なら、いい勝負になる”と、陣営も力が入っていたからな」

田崎「舞台については申し分ないモンドインテロですが、やはり他馬と比べて57キロのハンデはどうなのか、と思いますね。この1年でオープン特別の勝利をひとつ上積みした分の0.5キロ増なのかもしれませんが、その分だけ3着だった昨年の走りに届かない可能性もありますよ」

デスク「そういう田崎の◎ソールインパクトはハンデが54キロ。GII2着の前走から1キロ増止まりなら、恵まれたといえそうだな」

田崎「それは言えますね。前走は軽ハンデだったとはいえ、3着馬と4着馬が次走で重賞勝ちしたほどのハイレベルでしたし、キレないがバテないタイプですからこの舞台もピッタリです。有力馬に対して、まだまだハンデのアドバンテージがあるわけですから、当然今回も好勝負でしょう」

小島ソールインパクトの前走については、軽ハンデのみならずジョッキーも巧く乗った感を受けましたが、以前と比べて気性面で成長して折り合いが付いたことも、陣営は好走の因に挙げていました。ディープ産駒にしては奥手で、6歳になってもまだまだ上積みが見込めますし、ここ2週もビシビシ追われて状態も整っています。京都コースでは条件戦での好走歴しかないですが、“元々が立ち回りの上手な馬だし、ここでも十分やれる”と、戸田師も色気を持ってましたよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル