「世代ナンバー2」ステルヴィオは2着を外さない? 伏兵陣も虎視眈々

優馬TM座談会
スプリングS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天敵不在で負けられぬステルヴィオ 敵は小回りコース?

デスク「豪華なメンバーが揃った先日の弥生賞に比べると、重賞勝ち馬が不在のここは小粒なメンバー構成だな」

武井「ただ、朝日杯FSを含む重賞2着が2回の実績を誇るステルヴィオの能力は、世代トップレベルに位置付けていいでしょう。ここ2戦はダノンプレミアムの前に屈していますが、抜群のセンスで好位を立ち回った相手に対し、こちらはともにテンから後手に回る形で、結果は位置取りの差とも言えますね。今回は距離も延長することで、もう少し流れに乗って運ぶこともできるはずですし、脚質の幅を広げるレースぶりで勝って本番へ、となることを期待しています」

小野智「前走の朝日杯FSにしても、流れを考えれば絶望的な位置取りからの2着確保でしたし、実力は確かですよね。何せ、生まれてこのかたダノンプレミアムにしか負けていないんですから、天敵のいないここは勝って当然でしょう」

坂倉「弥生賞の結果をふまえても、現時点での“世代ナンバー2”は、やっぱりステルヴィオだと思いますし、トリッキーな中山コースや久々など死角がないとは言えませんが、今回のメンバーなら勝っておかないと胸を張って本番へ臨めないでしょうね」

大江原「まぁ、脚質が脚質だから届かず…のシーンもあるとは思うが、最悪でも2着は外さないと思うぞ」

西田「心配されるのは、やはりコーナー4つの小回りコースでどうかというところで、陣営も器用さに欠けることは認めているんですが、同じコース形態の札幌でコスモス賞を勝っているんですから、個人的にはこなせると見ています。マイル戦より落ち着く流れも、この馬にはプラスに働くはずですし、今回のメンバーを考えても負けられないところでしょう」

久光「そのステルヴィオのコスモス賞なんですが、勝ったとはいえ、過去4戦で最も内容が低かったことは確かです。僕はコーナー4回の1800mへの適性に疑問符を付けたいですね」

ステルヴィオ

ダノンプレミアムにしか負けていないステルヴィオ(撮影:日刊ゲンダイ)

佐藤直「いずれにしろ、ここは“何が一番強いか”を決めるレースでもないんだし、あくまでも、スローで流れて早目のペースアップ、そして上がりのかかる馬場にマッチした馬を探す手だろ。ゴーフォザサミットがまさにそれで、長くいい脚を使えるこの馬にはドンピシャの舞台だと思うぞ」

伊利ゴーフォザサミットの2走前、百日草特別は、ペースの違いがあったにせよ、前日の古馬準オープンと同タイムという優秀さで、当時に得た重賞級の評価に変わりはないはずです」

小島「課題のスタートに不安を残すとはいえ、決め手は世代屈指と言えますし、この舞台でも強い競馬で勝っていることは大きなセールスポイントとなりますね。田辺騎手も2度目の騎乗で癖を掴んでいると思うので、とにかくスタートさえ決まれば勝ち負けになるはずです」

馬場ゴーフォザサミットの前走は、出遅れた上に寄られてポジションが悪くなったものです。それでも最後は内から良く伸びて力を示していましたし、陣営は“本来は好位で上手く立ち回れる馬”と評しています。当然、楽しみな様子でしたよ」

デスク「ここまで挙がった2頭と人気では遜色がないと思えるルーカスには、誰も◎がいないんだが、何か悪い話でもあるのか?」

小島「全くないですよ。惨敗した前走についても“直前の追い切りで放馬したり、レースでもハミを取らなかったりと、気性面の若さが出てしまった。ある意味、レース前に終わっていたのかな”と、陣営は力を出し切っていないことを強調していましたし、放牧の効果で気性がだいぶ大人になってきたようです。“前走の汚名は返上したい”と、意気込みは強かったですよ」

デスク「しかし、コジのジャッジは“注”なんだな」

小島「素質だけなら◎なんですけど…。成長が見えるとはいえ、まだ気性が若くて実戦へ行っての不安がありますし、現状ではノビノビ走れる東京の方が合う気がします。加えて、兄のモーリス同様に晩成タイプの感も否めません。ただ、調教の動き自体は凄くいいですし、モノの違いで…というシーンは考えられますけどね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル