馬券売り上げの起爆剤? ハンデ戦が物語る競馬の面白さ

【馬声人語】
小倉記念を振り返ると、そこにはハンデ戦らしい面白さがあった。もしかしたらハンデ戦には大きな可能性が秘められているのではないだろうか?

馬声人語
小倉記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小倉記念、ハンデの妙

 週末に行われたサマー2000シリーズの第3戦、小倉記念は6番人気のアズマシャトルが快勝。一方、1番人気に支持されたマローブルーは5着。どちらも1600万クラスからの格上挑戦の形だが、前者は牡馬で56キロ、後者は牝馬で51キロ。アズマシャトル陣営にとっては想定よりも斤量が重く、マローブルー陣営にしてみればチャンスと考えていただろう。しかし、終わってみればこのハンデは妥当だったのかもしれない。そもそもアズマシャトルは2歳時にラジオNIKKEI杯2歳S2着、2走前には鳴尾記念3着がある。対してマローブルーの方はフラワーC、フローラSともに4着止まり。この辺りがハンデ戦の面白さだろう。

「大接戦のゴール前」がハンデ戦の大前提

 ハンデ戦の前提は全馬に均等にチャンスがあることである。実力差を斤量差で埋めて、全ての馬が同じタイムで走れるようなレースを目指すのが建前である。故に当然ではあるが、ハンデ戦は接戦が多くなる。例えば、先の中京記念。勝ったスマートオリオンから7着のカレンブラックヒルまでは0.2秒差。着差でいうとクビ、クビ、クビ、クビ、クビ、ハナ。その他では2012年の新潟記念。勝ったトランスワープから6着のスマートシルエットまで0.1秒差での決着。着差はクビ、クビ、ハナ、クビ、ハナ。接戦だったハンデ戦は挙げるとキリがないが、こういったレースが展開されるとハンデキャッパーもしてやったりだろう。馬券を買っている我々も最後まで目が離せないのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル