ルメールが“有意義”なトライアルを消化 自在に動いてカンタービレ

佐藤直文 レース回顧
ローズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3歳牝馬は全てルメールの手のひらに カンタービレ

 前半1000m通過が59秒9という、ちょっと想定外のスローペース。このレースでここまで流れが淀むことは珍しいのだが、オークスで掲示板に載った馬が不在というメンバー構成で、各馬が色気を持って乗られていたためだったか。

 カンタービレは、好発を切りながら、外枠もあってか内の馬の出方を見ながら一旦は控える形。ただ、ペースが遅いと見るや、スッと2番手までポジションを上げたあたりが、さすがルメール騎手と言える好判断だった。馬にもそういった自在性があったことも確かだが、今日の流れで4コーナーを先頭で回れば、外回りコースであっても後続は成す術がなくて当然だったように思える。紫苑Sのノームコアに続いて、これで秋華賞の両トライアルを制した形となったルメール騎手だが、本番では強敵となる馬の力を知った上でアーモンドアイに騎乗することにもなるわけで、それはそれで有意義なトライアルを消化できたと言えそうだ。

カンタービレ

4角先頭から悠々とゴール板を駆け抜けたカンタービレ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サラキアは、出遅れから二の脚を使って中団に取り付き、スムーズに折り合えていた。その後も巧く乗られて持ち味を発揮したが、今日のところは勝ち馬の競馬で、仕方のない2着だろう。この1800mがおそらくベストで、本番ではあと1ハロンの距離延長も鍵となるが、上位を争う一頭となるのは間違いない。

 3着ラテュロスは、もっとガンガン行くかと思ったが、テンからハナへ行く気はなく好位に控える形。流れが向いたとはいえ、何より好位で競馬ができたことは大きな収穫だったと言える。

 4着ゴージャスランチは、主張する馬もいなかったことでハナに立ったが、鞍上が絶妙のペースに落として何とか権利をもぎ取ろうと、精一杯の抵抗は見せていた。

 5着ウラヌスチャームは、このペースでも後方で脚を溜めるだけ溜めて自分の競馬に徹した形。その分、最後はいい脚を使っていたが、現状では展開の助けが必要な馬だ。

 サトノワルキューレは、スタートでダッシュが付かずに後方からとなるのはいつものこと。鞍上は無理に外へ持ち出す気がなかったようだが、スローペース自体より、その結果として直線で馬群がバラけなかったことで、スムーズに捌けなかった形だ。距離も1800mは短い馬であり、今日の負け自体が本番への悲観材料とはならないはずだ。もちろん、京都内回りでも流れ次第では可能性があると言える。センテリュオは、上り33秒台の瞬発力勝負に対応できなかったか。オールフォーラヴは、今日の流れで好位から早目に脱落したあたり、プラス22キロの馬体に中身が伴っていなかったと言える。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル