待ちに待った輝きの復活 新たなパートナーでサトノダイヤモンド

佐藤直文 レース回顧
京都大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春とは状態が「違う」 サトノダイヤモンド

 単勝2倍台で人気を分けた2頭で一騎討ちの様相。結果は明暗を分けたとはいえ、この先へ向けての前哨戦としては、ともに意義のあるものになったと思える。

 サトノダイヤモンドは、道中は常にシュヴァルグランを前に見る形。相手を一頭に絞ることができて競馬はしやすかったと言えるが、勝負どころでもしっかりと反応できたあたりが、そもそも春とは状態が違っていたということだろう。鞍上も中間の調教でしっかりとコンタクトと取っていたことで、見事な復活をアシストしたと言える。

サトノダイヤモンド

相性の良い京都コースで復活を果たしたサトノダイヤモンド(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着レッドジェノヴァは、このメンバーでも好位で運べたことがまずは好走の最大の因だろう。勝負どころでは一旦ポジションを下げたが、ラストの脚はなかなかのもの。距離はもっと延びていいのかもしれない。

 3着アルバートも、後方からうまく持ち味の一瞬の脚を生かしたが、最後に脚色が一緒になってしまったあたり、この馬も2400mは距離不足だということだろう。ただ、さすがはモレイラという騎乗ぶりだった。

 4着シュヴァルグランは、前を捕まえに自ら動いた分、最後に甘くなってしまった形。前哨戦仕様の仕上げだったことも考えれば、悲観すべき結果でもなく、次につながる競馬はえきたように思う。

 5着ブレスジャーニーは、3着馬と同じ位置取りだったが、こちらはやはり2400mは少し長いと思える。

 ウインテンダネスは、あれだけ後続を離して逃げる形では厳しくなって当然だ。逃げたこと自体は悪くなかっただろうし、マイペースならもう少し粘れたはずだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル