【京都大賞典】グリグリの「◎」打てる怪物馬 “必然の快進撃”はまだ続く

とっておき〇〇馬
京都大賞典

先週「65万」&「41万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

京都大賞典:とっておき推奨馬

二代目・穴の料理人 編集・大木(競友)

ブローザホーン

「重賞級のポテンシャルを大いに感じたのは、まぎれもなく4走前の潮来特別。当時マークした2分31秒5の勝ち時計は、開催は異なれど昨年イクイノックスが勝った有馬記念よりも1秒近く速い優秀なタイム。そこで下したエンドロールも条件馬の身ながら、天皇賞(春)では大健闘といえる7着。直近5年でも中山芝2500mで今年の潮来特別より時計が速かったのは、リスグラシューが勝った2019年の有馬記念のみで、こうして振り返ると、その後の快進撃はまさに必然と言っていいものだ。昨年の暮れ以降2000mを超える長丁場では5戦4勝。そして明らかに距離不足の函館記念でも直線だけで3着と能力の高さを示す好内容。加えて道悪も得意とくれば、もはや死角のないところまで来ている。本格化を思わせる充実ぶりで、本質的に合う2400mの重賞なら、この馬の独壇場まである!」

ブローザホーン

距離、馬場など好条件も揃ったブローザホーンが能力全開の走りで他馬を圧倒!?

筆者:


1996年千葉県生まれ。2019年入社。 競馬に興味を持つキッカケとなったのは、高校1年生の時にテレビ中継で観た2012年の凱旋門賞。オルフェーヴルの走りに魅了され、この世界へ。馬術経験もあり、大学卒業後は競馬に携わる仕事をしたいと考えていたところ、山崎TMのTwitterで募集を知り応募。現在に至る。

先週「65万」&「41万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週「65万」&「41万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。