関西馬が台頭! 新潟に有力2歳馬がひしめき合う訳とは…

【馬声人語】
いまや「出世レース」と位置付けられるようになった新潟2歳S。そもそも今夏は新潟デビューの2歳馬に素質の高い馬が多かった。そこで今回は関西馬の参戦も盛んな新潟について一考する。

馬声人語
新潟2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来年を占う重要な一戦「新潟2歳S」

 今週は注目の2歳重賞、新潟2歳Sが行われる。2012年から新馬戦のスタートがダービーの翌週に繰り上がったことで、素質馬のデビューも早まり、この時期に行われるマイル重賞の存在価値は高まってきた。それを証明するかのように、2013年は1着馬ハープスター(桜花賞・オークス2着)、2着馬イスラボニータ(皐月賞・ダービー2着)とクラシック馬2頭を輩出。昨年も1着馬ミュゼスルタン、2着馬アヴニールマルシェがNHKマイルCで3、4着するなど、レベルの高いレースであったことは間違いない。

 新潟の外回りは直線が長く、東京コースのように能力が比較的問われやすいコースである。それは中京コースにも同様に言える事であり、ダービーやオークス、NHKマイルCといったレースを目標にするなら、そこを使うのは当然ともいえる。

 今年の新潟2歳Sの出走予定馬に目を通すと、東京デビューの馬が10頭。次いで新潟デビューが4頭。福島が2頭、阪神と函館が1頭ずつである。人気を集めそうなロードクエストペルソナリテヒプノティストは東京デビュー。ルグランフリソンプリンシパルスターウインミレーユは新潟デビューである。特に東京デビュー組は新馬戦が早まったことで余裕を持ったローテーションを構築できるようになったというのが大きいだろう。

ロードクエスト

新馬戦開幕週に府中で勝利を飾ったロードクエスト(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル