関西馬が台頭! 新潟に有力2歳馬がひしめき合う訳とは…

馬声人語
新潟2歳S

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

何故、新潟なのか。

 新潟に素質の高い、期待の大きい2歳馬が集まる訳。それは「栗東からの輸送」にある。栗東のトレーニングセンターから新潟競馬場への輸送時間は7時間ほどと、それほど短時間という訳ではないが、北陸自動車道によって輸送している馬へのストレスなどのリスクがかなり軽減されている。ちなみに美浦トレーニングセンターから新潟競馬場へはおよそ6時間ほど。地図でルート検索が可能な方は試して頂けると分かりやすいだろう。

 故に新潟開催は「関東ローカル」の位置付けでありながら、関西馬の活躍が目立つのだ。東西別の勝利数でみるとさらに分かりやすい。夏の福島開催では関東馬86勝、関西馬10勝であったのが、夏の新潟開催では関東馬75勝、関西馬22勝と増加。関西ローカルに目を移すと、夏の中京開催では関東馬4勝、関西馬92勝、夏の小倉開催だと関東馬2勝、関西馬94勝と圧倒的な数字である。単に関西馬が強いというのもあるのかもしれないが、前述した輸送リスクの差が東西で少ないということが、関西馬の新潟での活躍に繋がっているのだろう。そしてそれはまだ不安定な2歳馬にとっては重要なポイントでもある。

 さて、話は新潟2歳Sに戻るが、世代の勢力図を占う重要な一戦。関西馬の登録は4頭だけだが(例年、それほど多い訳ではない)、新潟デビューのルグランフリソンプリンシパルスターウインミレーユがその関西馬。構図としては東京デビューの関東馬VS新潟デビューの関西馬といったところか。どの馬が勝つにせよ、しかと目に焼き付けておきたい。

プリンシパルスター

栗東・矢作厩舎の管理馬ながら新潟でデビューをしたプリンシパルスター(撮影:日刊ゲンダイ)

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

セントライト記念で10万1200円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル