また牝馬に大物 ダノンファンタジーが希望を抱かせる「いい勝ち方」

佐藤直文 レース回顧
ファンタジーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

力強く伸びて最後は流し気味 ダノンファンタジー

 前半3ハロンは35秒8という落ち着いたペース。ただ、各馬が現状での力を発揮できた流れであり、結果を考えても一頭だけレベルの違う馬がいたと見ていい。

 ダノンファンタジーは、先々も考えてのことだったろうが、今日のペースでもジックリと運ぶ形で、馬自身に自在性を感じさせるレースぶり。直線で力強く伸びて抜け出した後は鞍上も流し気味で、疲れを残さないばかりか、先々に希望を抱かせるいい勝ち方ができたように思う。2歳女王決定戦、そして来春のクラシックへ、また楽しみな一頭が出てきたと言えよう。

ダノンファンタジー

外目を伸びたダノンファンタジーが完勝のゴール(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ベルスールは、勝ち馬との脚色の差は歴然としていたが、上手な立ち回りが目立っていた。久々でプラス12キロの重目残りだったことを考えても、能力は示したと言える。

 3着ジュランビルは、流れも味方に付けて渋太く粘り込んだが、もう少し速い脚を使えるかが今後の課題となるだろう。

 4着ラブミーファインは、勝負どころから早目に仕掛けて、直線では一旦先頭に立つシーンもあったが、今の京都はこの馬には時計が速過ぎるだろう。

 5着レッドベレーザは、ダッシュが一息で後方からとなり、直線でも脚は見せたがここまで。前半の走りを考えても、1400mは距離不足であろう。

 レーヴドカナロアは、出遅れて全く競馬にならなかった。これも距離不足と言えるが、それ以外の課題も多そうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル