大盛況だった砂の祭典 JBC3競走を佐藤直文がまとめて回顧

佐藤直文 レース回顧
JBCクラシックJBCスプリントJBCレディスクラシック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「またしても」のルメールとグレイスフルリープ JBCスプリント

 現状でのダート短距離路線のトップクラスに加えて、中央での開催ということもあってか、芝からの転戦組も加えてのなかなかの好メンバーとなった。レースは人気のマテラスカイが前半3ハロンを33秒7の猛ラップで飛ばす形となったが、これだけのペースになると脚質にかかわらず実力通りの結果になるもので、上位人気5頭が掲示板を占めたのも頷ける。

 グレイスフルリープは、抜群のスタートを決めて、逃げたマテラの直後のポジションで手応え良く追走し、直線を向いてそのままの態勢で残り1ハロンを過ぎたあたりでは、3番手以下には大きな差。あとは前を交わすだけという完璧な立ち回りで目標を捉え切った。8歳馬ながらスピードに衰えがないどころか、今日のような立ち回りができれば、まだまだタイトルの上乗せも可能だろう。

グレイスフルリープ

絶好調ルメールに導かれたグレイスフルリープ(手前)が優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着マテラスカイは、スピードの違いでハナに立ち、前述した速いラップを刻んで、付いて行った馬たちは勝ち馬を除いて全て失速したほどだったが、さすがに最後は目標とされた分だったか。ただ、性能の高さは存分に示した一戦だった。

 3着キタサンミカヅキは、激流の中で鞍上の手も動きっぱなしでの中団追走だったが、直線でもよく追い上げていた。例年通りの地方開催であれば、あるいは、と思わせる走りだったと言える。

 4着モーニンは、直線ではこの馬なりに脚を使っていたが、とても届かない位置取り。このメンバーに入ると120mも距離不足だろう。

 5着レッツゴードンキも、同様に直線で脚は使っているが、もう少し流れに乗って運びたかったところだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル