大盛況だった砂の祭典 JBC3競走を佐藤直文がまとめて回顧

佐藤直文 レース回顧
JBCクラシックJBCスプリントJBCレディスクラシック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

典さん円熟の技でアンジュデジール JBCレディスクラシック

 このカテゴリーでの中央のレースがそもそも重賞すらなく、牝馬のダート路線は地方にオンブにダッコ、という現状。交流重賞では変わり映えのしないメンバーで面白味がない感も受けるが、中央の舞台でこれだけメンバーが揃ったことで、なかなかの見応えのあるレースになった。

 アンジュデジールは、大外枠からの立ち回りが懸念材料ではあったが、最初のコーナーでスッと好位のインに潜り込む鞍上のファインプレー。道中から並走していた2着馬とともに直線で先頭に立つと、一旦は前に出られるシーンがありながら、渋太く差し返したところがゴールだった。これまで交流重賞で実績を積み重ねてきた馬だが、中央の軽いダートの方がより適性も高そうであり、牡馬一線級とも差のない競馬ができるのではないかと思う。

アンジュデジール

鞍上横山典の好騎乗が光ったアンジュデジール(桃帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ラビットランは、勝負どころから勝ち馬と一緒に動いて行ったが、外を回った分と、進出する際の手応えの差がゴール前で出てしまったか。ただ、人気馬としては申し分のない正攻法のレースぶりで、今日のところは勝ち馬を褒めるしかないだろう。

 3着ファッショニスタは、出負けしたこともあってか鞍上も腹をくくっての後方待機となったが、直線では一頭だけ際立つ伸びを見せて前2頭に迫った形。まだ準オープンの身ではあるが、オープン特別あたりなら牡馬相手でも互角に戦えそうだ。

 4着クイーンマンボは、上位2頭を前に見る形で運び、直線でもこの馬なりに脚は使っていたが、その差は埋まらなかった。大敗後ではあったが、現状の力は出し切れていたか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル