目を疑った2分20秒6 アーモンドアイ、世界挑戦へ「期待」の二文字

佐藤直文 レース回顧
ジャパンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もはや化け物のレベル アーモンドアイ

 単勝140円、そして馬連・馬単のみならず3連複まで3桁配当という結果については、我々だけでなく多くのファンが思い描いていた通りのものだったろう。しかしながら、そこまで思い描いた人はなかったのではと言えたのが、決着タイムだ。この日のためにゴール板過ぎに設置されたロンジンの時計に刻まれた“2:20:6”の数字は誰もが目を疑うものだったはず。ただ、それを演出したキセキの逃げは、天皇賞と同じように後半にペースを上げて後続に脚を使わせる絶妙の形で、2000m通過ラップは史上2番目の高速決着だった今年の天皇賞に遅れること僅かコンマ4秒の1分57秒2。この数字を考えれば、驚愕のレコードも必然であったろう。

 アーモンドアイは、道中はそのキセキに2~3馬身の差を保っての追走だったが、天皇賞ではレイデオロの背でキセキがそう簡単には止まならいことを体感したルメール騎手の緻密な計算だったろう。残り1ハロンで並びかけて突き放すというのもまた然りだが、それに応える馬も凄いと言わざるを得ない。デビュー以来続いていたメンバー最速の上がりは、33秒9のミッキースワローに譲る形となったが、それでもあの速い流れを追走して2番目の34秒1というのは、もはや化け物のレベルである。おそらくスタートラインに立っているであろう来年の凱旋門賞は、同じ距離でも時計が10秒近くも違う全く異質の馬場とはいえ、これほどまでのパフォーマンスを見せ付けたのなら、不安どころか“期待”の二文字しかないのではないか。

アーモンドアイ

破格のレコードでGI4勝目をあげたアーモンドアイ(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着キセキは、後半1000mが57秒2という激流を、自身も57秒5で駆けて2分20秒台で乗り切ったのだから、負けて強しである。持ち味を生かす形で開眼したと言えるこの秋の走りは、来年にも繋がるはずだ。

 3着スワーヴリチャードは、勝ち馬をマークする形で運んでいたが、直線で追い出されてからはジリジリとしか伸びなかったもの。ただ、自分の競馬はできたと言えそうで、上位2頭が強かっただけのことだ。

 4着シュヴァルグランも、中団から自分の競馬はできていたが、この馬には限界と言える時計の決着だったか。

 5着ミッキースワローは、後方から自分の競馬に徹して上がりは最速を計時したもの。展開に注文が付くとはいえ、GIIレベルなら楽に勝つだけの力はある。

 サトノダイヤモンドは、生で馬を見るのは3歳時以来であったが、まだ当時の迫力を感じなかった。状態は戻りつつあるのだろうが、現状ではこんなものであろう。外国勢は今日の高速決着では出番がなくて当然だったろう。今後さらに外国勢の参戦が敬遠されかねないという意味では、驚愕のレコード決着も手放しで喜べないかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有馬記念特集

2018年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル