ナオミに負けじと重賞連覇 ダノンスマッシュが王者の道へ

佐藤直文 レース回顧
シルクロードS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北村友の好騎乗も光った ダノンスマッシュ

 外枠からセイウンコウセイが一気にハナを奪う展開となったが、今の京都の馬場でテンの3ハロンが33秒3というのは相当なハイラップだった。昨年はファインニードルがここを起点としてスプリント界の絶対王者へ昇り詰めたが、内容的には昨年以上と言える勝ち馬も、同じ道を歩む可能性が高いと言えよう。

 そのダノンスマッシュ。スタートをポンと出て序盤こそ行きたがる素振りも見せていたが、流れが速かったことで巧く落ち着かせることができた。直線を向いてからは、しばらく前が壁になるシーンもあったが、慌てずに進路を切り替えて残り1ハロンから一気に脚を使わせた鞍上の好騎乗も光った。それなりのハンデを背負わされての着差以上の完勝であり、大目標となるであろう高松宮記念も最有力の存在となるはずだ。

ダノンスマッシュ

人気に推されたダノンスマッシュ(白帽)が着差以上の完勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着エスティタートは、出負けして後方から運ぶ形となったが、勝負どころから外目を回って追い上げて直線でも渋太く伸びたもの。展開にも恵まれたとはいえ、京阪杯ではコンマ4秒差だった勝ち馬との差を、広がった斤量の差でコンマ2秒まで詰めたという意味では妥当な走りだったのかもしれない。

 3着ティーハーフは、後方から2着馬を追う形で進出して、直線半ばでは一気にまとめて差し切るかの勢い。通常では不利とされる大外枠だったが、今日の流れを味方に付けてうまくハマった競馬だった。

 4着アンヴァルは、中団で流れに乗り、直線では前をカットされるシーンもありながら、よく脚を伸ばしたもの。これも不利な外枠だったが、もう少し内目の枠を引けていれば着順を上げられたかもしれない。

 5着アレスバローズは、中団から早目に動いて行って、残り1ハロンでは完全に抜け出すシーンも。速い流れもあって最後は甘くなってしまったが、枠順やハンデを考えても力を示す走りだった。

 ラブカンプーは、離れた2番手を運んだが、いつもの行きっぷりではなかったあたりは状態面の問題だろう。ここを叩いて次はガラリ一変の期待もあるとはいえ、正体は夏馬である可能性もかなり高い。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル